優勝候補の実力を見せつけられる

 なでしこジャパン(日本女子代表)は30日、東京五輪(東京オリンピック)・女子サッカーの準々決勝でスウェーデン女子代表と対戦し1-3で敗北。この試合でなでしこジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

——————————

【なでしこ 1-3 スウェーデン 東京五輪・準々決勝】

山下杏也加 5.5 2失点目はポジショニングの悪さが出た。ニアを切るならニアに決められてはいけない
清水梨紗 6 失点にこそ絡んだが、積極的に前へ顔を出すなど攻撃面での存在感は光った
熊谷紗希 6 チームとしては悔やまれる3失点。ただ、個人のパフォーマンスに問題はなかった
南萌華 5.5 相手に競り負け先制点を献上。失点に繋がりかねない危険なパスミスもあった
宮川麻都 5.5 自身のサイドを何度も狙われる。ヤコブソンとの1対1でもやや後手に回った
中島依美 5.5 攻撃面では無難なパスに終始。守備面では何度も相手に突破を許してしまった
三浦成美 6 相手のプレスをうまくかわし、フィルター役としても機能。PK献上は不運だった
長谷川唯 6 同点弾を演出したクロスは見事。その他の場面でも技術の高さが光っていた
杉田妃和 6 積極的にペナルティーエリア内へ侵入。1対1でも簡単には負けなかった
岩渕真奈 6 組み立て、崩し、フィニッシュのすべてで存在感。得点があればなお良かった
田中美南 6 同点弾は嗅覚の良さが出た。岩渕との連係で何度かチャンスを作った

遠藤純 5.5 後半途中からの出場も存在感は薄く。流れは変えられなかった
北村菜々美 - 出場時間短く採点不可
林穂之香 - 出場時間短く採点不可

高倉麻子 5 リードされ流れが変わらない中、80分まで選手交代一人。あまりに消極的だった