スコットランドのセルティックに所属する日本代表FW古橋亨梧がライバルクラブのサポーターから人種差別被害を受けたとして問題となっている。英『スカイ・スポーツ』など複数メディアが伝えた。

 ヴィッセル神戸からセルティックへ移籍した古橋はここまで公式戦7試合に出場して6ゴールを挙げるなど順調なスタート。セルティックが昨季王者である宿敵レンジャーズからタイトルを奪回するための大きな力となることが期待されている。

 だが、そのレンジャーズのサポーターによる残念な行動が明らかになった。22日に行われたレンジャーズの試合を観戦したサポーターグループのバスで撮影されたとみられる動画がSNS上で出回り、その中には古橋に対する人種差別的なチャントやジェスチャーが含まれていた。

 レンジャーズはこの行為を非難するとともに、調査を開始したことを表明。「レンジャーズはあらゆる形の人種差別を非難する。このような行動を取る者たちは我々のクラブを代表する存在ではない。関与した人物の特定に向けて現在調査を行っている」とスポークスマンによるコメントが伝えられている。

 セルティックも公式SNSを通して古橋に対する人種差別行為を非難した。「報道の通りだとすれば、古橋亨梧に向けられた不快で悲しい人種差別的行為は断固たる非難に値する」とセルティックはコメントしている。