欧州サッカー連盟(UEFA)は24日、デンマーク代表のDFシモン・ケアーおよび医療チームに対して2021年UEFA会長賞を授与することを発表した。今年夏に開催されたユーロ2020(欧州選手権)でMFクリスティアン・エリクセンの命を救った偉業に対するものだ。

 デンマーク代表としてユーロに出場したエリクセンは、6月12日に行われた大会初戦のフィンランド代表戦で試合中に突然心臓発作を起こして転倒。一時は意識を失って危険な状態となり、ピッチ上で救命処置が行われたあと病院へ救急搬送された。

 そのエリクセンの命を救う上で大きな役割を果たしたのが、意識を失ったエリクセンの体勢を整えて窒息を防止するなど即座に適切な対応を取った主将のケアー。そしてピッチ上での処置にあたったデンマーク代表および会場の医療チームだった。

 UEFAのアレクサンデル・チェフェリン会長は、ケアーおよび8人の医療スタッフに会長賞を授与することを発表。彼らを「ユーロ2020の真のヒーロー」と呼び、特にエリクセンについては「並外れたリーダーシップを発揮した」と称えている。

 ケアーと医療スタッフに対しては、エリクセンからも感謝のコメントが届けられた。「素晴らしい仕事をして僕の命を救ってくれた。友人であるキャプテンのシモンにも、デンマーク代表のチームメートたちにも、6月12日とその後のサポートに強く感謝している」とエリクセンは述べている。

 順調な回復を遂げたエリクセンは、転倒から約2ヶ月を経た今月初旬には所属クラブであるインテルの練習場に帰還。医師の下でリハビリプログラムを進めていると伝えられている。