29年目を迎えたJリーグでは、これまでに多くの指揮官がクラブの指揮を執ってきた。今回は、柏レイソルを率いた経験のある指導者の中から、勝率の高い監督トップ10を紹介する。※成績はJリーグ通算、10試合以上指揮した監督が対象。

—————–

5位:1年でJ1復帰く/h2>

石崎信弘
生年月日:1958年3月14日
Jリーグ通算成績:116試合/54勝/22分け/40敗
勝率:46.6%
在籍時期:2006-08

 柏レイソルの歴代最高勝率監督ランキング5位は、2006年から3シーズンにわたって指揮を執った石崎信弘だ。116試合で54勝し、46.6%という勝率だった。

 J1から降格したチームを託された石崎は、就任1年目で結果を出した。J2で2位となり、1年での1部復帰に導いている。

 J1・1年目は8位でフィニッシュ。2年目は成績が伸びずに11位で退任となったが、退任が決まったあとで天皇賞準優勝という結果を残した。

4位:J2・J1連覇に導いた現指揮官く/h2>

ネルシーニョ(ブラジル)
生年月日:1950年7月22日
Jリーグ通算成績:289試合/143勝/64分け/82敗
勝率:49.5%
在籍時期:2009-14, 19-

 現在の柏レイソルを率いるネルシーニョが、クラブの歴代最高勝率監督ランキングの4位だ。これまで289試合で指揮を執って、143勝を挙げている。

 過去に東京ヴェルディや名古屋グランパスを率いたネルシーニョは、2009年途中にレイソルの指揮官に就任。2010年にJ2で優勝を果たすと、次のシーズンにJ1で優勝というJリーグ史上初の離れ業を成し遂げた。

 2019年には、5年ぶりにレイソルの監督に就任。クラブを2度目のJ2優勝に導いた。今季はJ1で苦戦が続いているが、レイソルは乗り切れるだろうか。

3位:意外なきっかけでレイソルにきたブラジル人指揮官く/h2>

アントニーニョ(ブラジル)
生年月日:1939年2月10日
Jリーグ通算成:26試合/14勝/0分け/12敗
勝率:53.8%
在籍時期:1995

 ブラジル人のアントニーニョが、柏レイソルの歴代最高勝率監督ランキングの3位だ。26試合の指揮で14勝12敗だった。

 ブラジル人指揮官と縁の深いレイソルだが、アントニーニョの就任経緯は異例だ。自身の息子であるヘジスがレイソルに所属していたというのが縁。当時のレイソルにGKコーチがいなかったため、現役時代にGKだったアントニーニョが練習を手伝い始めた。1994年に正式にGKコーチに就任。1995年シーズンの途中からゼ・セルジオ監督の後任としてチームの指揮を執った。

 1996年はレイソルの総監督に就任したアントニーニョは、今年6月3日に亡くなった。82歳だった。

2位:Jで初の優勝争いに導くく/h2>

ニカノール(ブラジル)
生年月日:1947年2月9日
Jリーグ通算成績:62試合/38勝/0分け/24敗
勝率:61.3%
在籍時期:1996-97

 柏レイソルの歴代最高勝率監督ランキング2位は、ブラジル人のニカノールとなった。62試合で38勝となっている。

 1991年に湘南ベルマーレの前身であるフジタで指揮を執ったニカノールは、1996年にレイソルの監督に就任。クラブを年間5位の好成績に導き、Jリーグの最優秀監督賞を受賞した。

 1997年も1stシーズンは優勝争いを演じるが、2ndレグは失速。結果が出ずに、シーズン終了をもって退任となっている。2018年に心不全で亡くなった。

1位:柏レイソルを飛躍させた元日本代表監督く/h2>

西野朗
生年月日:1955年4月7日
Jリーグ通算成績:109試合/67勝/2分け/40敗
勝率:61.5%
在籍時期:1998-2001

 柏レイソルの歴代最高勝率監督は、西野朗だ。109試合で指揮を執って67勝を挙げた。

 西野は現役時代にレイソルの前身である日立製作所でプレー。1997年にニカノール監督体制でヘッドコーチとしてクラブに戻り、その後任として1998年から監督を務めた。

 監督1年目は苦しんだものの、2年目はナビスコ杯で優勝。3年目にはJ1・2ndステージで優勝争いを演じるまでになった。しかし、優勝を目指した4年目は成績が出ず、シーズン途中に解任となっている。