マンチェスター・ユナイテッドは現地時間27日、クリスティアーノ・ロナウドが加入することを発表した。ロナウドのユナイテッド復帰は18年ぶりとなる。

 英『スカイ・スポーツ』によると、ユナイテッドは1500万ユーロ(約18億円)と追加で800万ユーロ(約9.6億円)の移籍金をユベントスに支払うという。契約期間は2年とみられている。

 ロナウドは18歳のとき、スポルティングCPからユナイテッドに加入。6年間で公式戦292試合に出場して118得点を記録し、2009年夏にレアル・マドリードへ移籍している。レアルでは3連覇を含む4度のUEFAチャンピオンズリーグ制覇に貢献し、9年間で公式戦450得点というとてつもない数字を残している。

 ユベントスでは3シーズンプレーしたが、マッシミリアーノ・アッレグリ監督が就任した今季は移籍を希望。27日午後にはトリノを発ったことが報じられていた。

 36歳となったロナウドは、再びユナイテッドでプレーすることとなった。3度のリーグ優勝やFIFAクラブワールドカップ制覇を経験した古巣で、どのようなプレーを見せるのだろうか。