いよいよ最終予選に突入

 日本代表は2日、FIFAワールドカップカタール・アジア最終予選でオマーン代表と対戦する。いよいよ始まるW杯へのラストサバイバル。前回は初戦をまさかの黒星で終えることになったが、果たして森保ジャパンはどのようなパフォーマンスを披露するだろうか。

——————————

 日本代表は2日、FIFAワールドカップカタール・アジア最終予選でオマーン代表と対戦する。

 いよいよW杯に向けたラストサバイバルが幕を開ける。日本代表は6回連続でこのアジア予選を突破しているが、いずれもその道のりは容易なものではなかった。今回も、当然のことながら厳しい戦いになるだろう。

 初戦の相手であるオマーン代表の最新FIFAランキングは79位。同24位の日本代表からすれば格下であるが、油断は禁物だ。日本は前回のアジア最終予選の初陣であったUAE代表戦を1-2で落としているなど、何が起きるかわからない。チームとして、いつも以上に集中して臨む必要があるだろう。

 そんな重要なオマーン代表戦、森保一監督はどのようなメンバーで臨むべきなのだろうか。4-2-3-1のフォーメーションを基に考えていきたい。

 GKは今夏の東京五輪(東京オリンピック)で大活躍した谷晃生を抜擢してもいいかもしれない。足元のスキルは向上させていく必要があるが、セービング技術に関しては権田修一や川島永嗣といった先輩に大きく劣っていない。五輪で自信をつけた今だからこそ、起用する意味は十分にあるだろう。

 センターバックは冨安健洋の不在が確定しており、板倉滉も前日練習を欠席したため、吉田麻也と植田直通のコンビがいいだろう。二人とも対人守備には強く、連係面も大きな問題はないはず。とくに植田はアピールしたいところだ。

 右サイドバックにやはり酒井宏樹は外せないだろう。対人守備、運動量、高さ、安定感のすべてが揃っており、東京五輪でも改めて日本史上最高のSBであることを証明していた。オマーン代表戦でも躍動してくれるだろう。

 左サイドバックには経験豊富な長友佑都もいるが、ここでは中山雄太の起用を推したい。東京五輪でも披露した非凡な守備力はオマーン代表戦でも少なからず効果を発揮するはず。長友が実戦から遠ざかっていることを考えても、先発起用はありだろう。

古橋亨梧は好調だが…

 中盤底一角には遠藤航。今や日本代表の攻守において欠かせない存在である。所属するシュツットガルトではブンデスリーガ開幕3試合で1得点1アシストを記録するなど好調で、良い感触を得たままオマーン代表戦に臨めるのは間違いない。

 その相棒は守田英正といきたいところだが、今回のゲームは不在となる。そのため、中盤底もう一枚は柴崎岳だ。日本代表招集は久々となるが、所属するレガネスではコンスタントに出場機会を得ており、試合勘という意味では問題なさそう。とくに、柴崎にはどれだけ攻撃面で貢献できるか期待したい。

 2列目は右から伊東純也、久保建英、原口元気の並びでどうだろうか。

 ベルギーで好調を維持する伊東のスピードと高精度クロスは今や日本代表の中でも大きな武器になっている。オマーン代表相手にもその強烈な個は十分に通用するだろう。

 前日練習に姿を見せなかった南野に代わり、左サイドには原口を推す。今季より加入したウニオン・ベルリンでは3試合連続でスタメン起用されており、第3節ボルシア・メンヒェングラートバッハ戦ではアシストも記録。状態はいいはずで、オマーン代表戦では攻守においての奮闘に期待できるだろう。

 トップ下は現状鎌田大地がファーストチョイスと言えるが、フランクフルトでの調子が良くないことがやや気がかり。そこで、マジョルカですでにスタメンの座を勝ち取っている久保の起用を推した。A代表の中でも十分にできるだけのレベルにあるのは明らかで、戦力の底上げに期待し使っても面白いと言えるだろう。

 セルティックで好調な古橋亨梧も見てみたい選手だが、ワントップには大迫勇也を置きたい。ややコンディション面が不安だが、やはりある程度引いてくると予想される相手には大迫の方が持ち味は出やすく、伊東ら2列目にいる選手の能力も引き出しやすい。リードを奪い、相手が前掛かりになったタイミングで古橋を投入するのが今のところベストと言えそうだ。

フォーメーション

▽GK
谷晃生

▽DF
酒井宏樹
吉田麻也
植田直通
中山雄太

▽MF
遠藤航
柴崎岳
伊東純也
久保建英
原口元気

▽FW
大迫勇也