JリーグYBCルヴァンカップ準々決勝第2戦の4試合が5日に各地で開催され、準決勝へ進む4チームが決定した。

 FC東京対北海道コンサドーレ札幌戦は前半20分、レアンドロが直接FKを決めてホームのFC東京が先制する。68分には東慶悟が追加点を奪ってFC東京が2-0で勝利し、第1戦での敗戦からトータル3-2と逆転した。

 鹿島アントラーズに対してホームで2-0の勝利を収めていた名古屋グランパスは、稲垣祥がその第1戦に続いての2試合連続ゴールを決めて前半22分に先制。後半にもシュヴィルツォクが決めて2-0とし、合計4-0で名古屋が勝ち進む結果となった。

 大阪ダービー3連戦のラストマッチとなったガンバ大阪対セレッソ大阪戦は、第1戦に0-1で敗れていたC大阪が反撃。前半24分に山田寛人、32分に加藤陸次樹がゴールを奪い、前半のうちにトータルスコアで逆転することに成功する。

 後半には藤田直之、松田力もゴールを重ねてC大阪が4-0で快勝。乾貴士も交代で復帰後初出場を果たしたC大阪がダービーを制して準決勝へ進んだ。

 第1戦を1-1のドローで終えていた川崎フロンターレ対浦和レッズ戦は、前半8分に江坂任が決めてアウェイの浦和が先制。だが川崎Fも40分に小林悠の折り返しからレアンドロ・ダミアンが決め、1-1として前半を終える。

 後半にはいずれも左CKから山村和也、ジョアン・シミッチがヘディングで決め、川崎Fが逆転して突き放す。だがここから浦和が驚異の追い上げを見せ、87分にキャスパー・ユンカー、アディショナルタイムにはCKから槙野智章がゴール。3-3で試合を終えて2試合合計4-4とし、アウェイゴール数で上回った浦和が準決勝へ進む結果となった。

 準決勝は10月にホーム&アウェイで開催。FC東京対名古屋、C大阪対浦和の対戦でそれぞれ決勝進出を争う。