カタールワールドカップ欧州予選の12試合が、現地時間5日に各地で行われた。

 ユーロ(欧州選手権)王者のイタリア代表はアウェイでスイス代表と対戦。試合は0-0のスコアレスドローとなり、グループ2位のスイス代表との直接対決で勝ち点差を広げられなかった。

 グループEでは、ウェールズ代表がベラルーシ代表と対戦。前半を1-2で折り返したウェールズ代表は、69分にガレス・ベイルのゴールで同点に追いつくと、後半アディショナルタイムにまたもベイルが決めて逆転勝利。この試合でベイルはハットトリックを達成した。

 サンマリノ代表と対戦したポーランド代表は、エースのロベルト・レバンドフスキが先制ゴールを決めると、その後アダム・ブクサのハットトリックなどで計7得点を奪い、1-7で大勝した。

 その他、スペイン代表はジョージア代表に4-0、ベルギー代表はチェコ代表に3-0、イングランド代表はアンドラ代表に4ー0、ドイツ代表はアルメニア代表に6-0と、大差をつけて危なげなく勝利している。ここまで全勝なのはイングランド代表とデンマーク代表の2チームのみとなっている。

【了】