悲願のCL優勝に向けてラストピースを獲得

2021/22シーズンのプレミアリーグが開幕し、夏の移籍市場が終了した。この夏も各チームで様々な移籍があったが、プレミアリーグの強豪はそれぞれどんな動きを見せたのだろうか。今回は昨季圧倒的な強さでプレミアリーグを制したマンチェスター・シティの補強動向を読み解く。(文:安洋一郎)
——————————————————

 在籍10年間でクラブ史上最多の260ゴールを積み上げたエース、セルヒオ・アグエロが今夏、契約満了に伴い退団。昨季こそケガの影響で公式戦6ゴールに留まったが、昨季と2012/13シーズンを除けば毎シーズン公式戦20ゴール以上を決めていたストライカーが抜けた穴は大きい。

 シティはアグエロの穴を埋めるべくトッテナムのエース、ハリー・ケインの獲得に動いた。しかし、昨季のプレミアリーグで得点王とアシスト王のタイトルを同時受賞したケインを国内のクラブに売却する意思はトッテナムにはなく、シティは1億ポンド(約140億円)以上のオファーを何度か出したが、獲得を断念せざるを得なかった。

 ケインの獲得こそならなかったが、アストン・ビラの大黒柱だったイングランド代表MFジャック・グリーリッシュをイングランド史上最高額の1億ポンド(約140億円)の移籍金で獲得することに成功した。データサイト『WhoScored』によると、昨季、グリーリッシュは1試合平均のチャンスクリエイト数(3.15回)を記録。チームメイトとなったケビン・デ・ブライネに次ぐ数字を残したチャンスメイカーが、アグエロの背番号「10」を継承し、既存のシティのタレントとどのように絡むのか注目だ。

 今夏、アグエロの後継者となるストライカーの補強は行わなかったが、グアルディオラは毎シーズンのようにチームをアップデートしている。本来ストライカーであるガブリエウ・ジェズスの右WG起用をはじめ、サイドが主戦場のフェラン・トーレスやラヒーム・スターリングをストライカーのポジションで起用するなど、前線の組み合わせを変えることで、その穴を感じさせないチームを作り上げている。開幕からケガで出遅れているフィル・フォーデンが戻ってくれば、さらに戦い方のオプションが増えるだろう。

 今夏、アグエロ以外の何人かの主力選手の退団も噂されたが、昨季限りで契約満了だったフェルナンジーニョが契約を1年間延長して残留。より多くの出場機会を求めていたベルナルド・シウバやアイメリク・ラポルトも残留したことで、多くの即戦力級の選手を補強する必要がなかった。昨季はUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝で惜しくもチェルシーに敗れ、準優勝に終わったが、圧倒的な強さでプレミアリーグを制したメンバーにグリーリッシュを加えたことで、悲願のビッグイヤー獲得に向けて盤石な布陣が整った印象だ。
<h2>補強・総合評価

IN</h2>
GK:スコット・カーソン(ダービー/フリー)
MF:ジャック・グリーリッシュ(アストン・ビラ/完全移籍)
FW:カイキ(フルミネンセ/完全移籍)※22年冬加入

OUT</h2>
GK:アリヤネット・ムリッチ(アダナ・デミルスポル/期限付き移籍)
DF:エリック・ガルシア(バルセロナ/フリー)
DF:アンヘリーニョ(ライプツィヒ/完全移籍)※買い取りOPを行使
DF:板倉滉(シャルケ/期限付き移籍)
DF:イッサ・カボレ(トロワ/期限付き移籍)
DF:フィリップ・サンドレル(トロワ/期限付き移籍)
MF:ジャック・ハリソン(リーズ/完全移籍)
MF:イヴァン・イリッチ(エラス・ヴェローナ/完全移籍)
MF:ヤンヘル・エレーラ(エスパニョール/期限付き移籍)
MF:パトリック・ロバーツ(トロワ/期限付き移籍)
MF:食野亮太郎(エストリル/期限付き移籍)
MF:マルロス・モレノ(コルトレイク/期限付き移籍)
MF:フィリップ・ステヴァノビッチ(ヘーレンフェーン/期限付き移籍)
MF:ダニエル・アルザニ(ロンメル/期限付き移籍)
FW:ルーカス・ヌメチャ(ヴォルフスブルク/完全移籍)
FW:セルヒオ・アグエロ(バルセロナ/フリー)

補強評価:A</h2> 
昨季、アグエロ不在の中でもプレミアリーグを制したマンチェスター・シティ。その優勝に大きく貢献したメンバーが全員残留した上で、プレミアトップクラスの打開力とチャンスクリエイト能力が売りのグリーリッシュを加えることに成功。ジャック・ハリソンやルーカス・ヌメチャら、トップチームの構想に入っていない若手選手を高額な移籍金で売却し、人員整理でも一定の成果を収めた。昨季からの積み上げがしっかりと見られ、「量」より「質」の補強ができた夏の移籍市場となった。

総合評価:S</h2>
今夏、トップチーム22人のうち16人をコパ・アメリカ(南米選手権)、もしくはユーロ(欧州選手権)に派遣したこともあり、主力選手のほとんどが開幕直前までの期間を休養に当てた。そのことも影響し、コミュニティー・シールドとプレミアリーグ開幕戦で連敗を喫したが、第2節、第3節と2戦連続で5-0の大勝を収めるなど選手たちのコンディションも戻ってきている。起訴されたバンジャマン・メンディが出場停止になったこともあり、左SBのみやや不安を残すが、その他のポジションに関しては多彩な組み合わせで戦える陣容が揃っている。プレミアリーグ連覇と初のCL制覇が狙える非常に完成度の高いチームになっているのではないだろうか。

(文:安洋一郎)