決定率100%の大活躍! 鹿島撃破の立役者

 明治安田生命Jリーグは後半戦に入り、各ディビジョンで熾烈な競争が繰り広げられている。直近1週間では誰が目覚ましい活躍を披露したのだろうか。フットボールチャンネル編集部では、2021年9月8日から14日にかけて開催されたJ1、J2そしてJ3のリーグ戦を対象にベストプレーヤー5人を選出した(※成績・記録は2021年9月14日時点のもの)。

————–

フアンマ・デルガド(アビスパ福岡/FW 9)

生年月日:1990年11月17日(30歳)
今季リーグ戦成績:18試合出場/3得点0アシスト
今週の成績:鹿島アントラーズ戦(81分出場/2得点0アシスト)

 鹿島アントラーズ戦に先発起用されたFWフアンマ・デルガドは26分、FW山岸祐也からのパスを冷静にゴールにつなげる。さらに41分には、DF湯澤聖人からのクロスを丁寧なワンタッチシュートでゴールに流し込んで追加点。シュート2本で2得点、100%の決定率で起用に応える。

 味方のミスでゴールには結びつかなかったものの、17分にはPKも獲得。そして、献身的なポストプレーや守備参加も怠らず、鹿島戦の“シーズンダブル”に大きく貢献した。これまでゴール前での決定力不足を指摘されることの多かったフアンマの爆発なくして、この勝利はなかっただろう。

魂のディフェンスでゴールを死守

エンリケ・トレヴィザン(大分トリニータ/DF 14)

生年月日:1997年1月20日(24歳)
今季リーグ戦成績:18試合出場/2得点0アシスト
今週の成績:湘南ベルマーレ戦(90分出場/0得点0アシスト)

 大分トリニータは7試合ぶりの白星を挙げ、最下位脱出に成功した。ただ勝つだけでなくクリーンシートも達成できたのは、守備の中心にDFエンリケ・トレヴィザンがいたからこそ。湘南ベルマーレからの猛攻に晒されても、ブラジル出身のセンターバックは体を張って砦であり続けた。

 シュート3本で2得点を奪った大分に対し、湘南は10本ものシュートチャンスを作った。終盤にかけて攻撃の勢いは増したが、クロスはことごとくエンリケ・トレヴィザンを中心とした大分ディフェンス陣が跳ね返す。そして、24歳のディフェンスリーダーはシュートブロックも秀逸だ。後半アディショナルタイムに、あわや失点という局面でも冷静にボールを処理してピンチを救った。

流れを引き寄せたPKセーブ

若原智哉(京都サンガF.C./GK 34)

生年月日:1999年12月28日(21歳)
今季リーグ戦成績:28試合出場/23失点
今週の成績:FC琉球戦(90分出場/1失点)

 京都サンガF.C.は16分に先制ゴールを奪われ、直後にPK献上。FC琉球相手にいきなり窮地に立たされる。そんな状況でチームを救うだけでなく、試合の流れを引き寄せ、味方を勢いづけたのはGK若原智哉だった。

 21歳の若き守護神は、琉球のFW阿部拓馬が蹴ったPKを完全に読み切って右に跳んでセーブ。このPKストップで大ピンチを切り抜けた京都は、若原の活躍に刺激されたのか勢いを増して相手ゴールに迫っていく。そして最終盤に途中出場のFWイスマイラが逆転ゴールを決め、土壇場で3試合ぶりの勝ち点3を積み上げた。もし前半に若原のPKストップがなければ、勝敗が逆になっていてもおかしくない試合だった。

J初得点含むハットトリック!

植中朝日(V・ファーレン長崎/FW 33)

生年月日:2001年11月1日(19歳)
今季リーグ戦成績:9試合出場/3得点0アシスト
今週の成績:SC相模原戦(23分出場/0得点0アシスト)、モンテディオ山形戦(59分出場/3得点0アシスト)

 JFAアカデミー福島から加入してプロ2年目のFW植中朝日は、14日に行われたJ2第25節の延期分でリーグ戦今季2度目の先発出場を果たすと、Jリーグ初得点を含むハットトリックでV・ファーレン長崎を大勝に導いた。序盤の18分にFWエジガル・ジュニオのゴールで先制した長崎は、前半のうちにリードを3点に広げる。

 35分、自陣から速攻を繰り出すと、DF毎熊晟矢のスルーパスに抜け出した植中が右足を振り抜いて豪快にJリーグ初得点を奪う。45分にはペナルティエリア内でMF山崎亮平からのパスを受けた植中が、GKの動きを冷静に見極めて2点目。さらに51分にはMFカイオ・セザールの折り返しに合わせてゴールネットを揺らしてハットトリックを達成した。後半戦に入って出場機会が増えている19歳にはブレイクの気配が漂う。

ポジション変更で覚醒。勝利に導く2得点

姫野宥弥(カターレ富山/MF 17)

生年月日:1996年9月27日(24歳)
今季リーグ戦成績:17試合出場/2得点0アシスト
今週の成績:AC長野パルセイロ戦(80分出場/2得点)

 MF末木裕也が今季初先発を飾ったことにより、普段はアンカーに入っているMF姫野宥弥が4-3-3のインサイドハーフに。すると序盤からチームのハイプレスが効果的に機能しただけでなく、多くのゴールも生まれた。

 まず9分、右サイドに流れたFW吉平翼からの折り返しに姫野が走り込んで合わせ、富山が先制する。さらに39分、富山は右サイドで相手からボールを奪うとカウンターでゴールに迫り、吉平のラストパスに姫野がフィニッシュ。今季初得点を挙げた背番号17の2得点で大きく流れを引き寄せた富山は、44分に吉平も加点して3-0の完勝を収めた。