完全に試合を支配したリバプール

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ第1節、リバプール対ACミランが現地時間15日に行われ、3-2でリバプールが勝利した。一時は逆転を許したリバプールだったが、後半に2点を取って逆転に成功している。再逆転のきっかけとなったのは、ユルゲン・クロップ監督の的確な修正だった。(文:本田千尋)
——————————————-

 ユルゲン・クロップ監督は全く怒っていなかったという。

 現地時間9月15日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)、グループBの初戦。観衆が戻って熱気が立ち込めるアンフィールドにACミランを迎えた試合の前半を、リバプールは1-2で折り返した。

 先制したのはリバプール。9分、右サイドでトレント・アレクサンダー=アーノルドが、外に張ったモハメド・サラーとのパス交換からボックス内に侵入して決め切る(記録はオウンゴール)。試合開始からチーム全体でミランにプレスを掛けていったリバプールだったが、弾丸のようなプレッシングは絶え間なく続いた。

 地獄のようなアンフィールドの雰囲気の中、怒涛の勢いでプレスを掛けられ、ミランの選手たちは生きた心地がしなかったに違いない。リバプールに欧州屈指の圧力を掛けられたイタリアの名門は、まともにビルドアップすらできず、ボールを蹴っては回収され、カウンターを喰らい続けた。

 中盤ではナビ・ケイタとファビーニョにプレスを掛けることができず、悠々とパスを回された。14分にサラーがPKのチャンスを決め切れなかったが、そんな失敗が些細なものに思える程に、スタジアムの空気も含め、リバプールがゲームを完全に支配した。

ACミランに与えた隙

 ところが42分、まるで暴風雨の合間に一瞬だけ晴れ間が覗いたように、リバプールのプレスが止んだ。右サイド(ミランからすると左サイド)のハーフウェイライン付近でブラヒム・ディアスに思考の時間を与えると、ミランの10番は中央のアレクシス・サーレマーカースにパス。さらにベルギー代表MFのパスを、アークの中でラファエル・レオンがボックスの右のアンテ・レビッチに繋ぐ。これを決め切られて同点に追い付かれてしまう。

 さらに直後の44分にも、同様の形で右サイドのハーフフェイ付近からレオンにドリブルを許し、アークの手前で右のレビッチに繋がれ、クロアチア代表FWはゴール前に折り返す。テオ・エルナンデスのシュートをアンドリュー・ロバートソンがブロックするが、ディアスに詰められ、逆転を許してしまった。8季ぶりの出場とは言え、CLの本選に出場してくるチームに隙を与えれば、失点は免れないようだ。

 このようにして、弾丸のようなプレッシングを主体に試合を支配しながら、逆転されてハームタイムに突入したリバプールだったが、試合後に残した本人のコメントによれば、クロップ監督は全く怒っていなかったという。熱血漢の指揮官は、ある場面が写された1枚の写真もしくは静止画を見せ、次のような指示を出したのだそうだ。

クロップ監督が送った指示とは…

「ここで、最終ラインが深すぎる。ここで、中盤では、我々はチャレンジして押し上げる8人の選手を必要する。それから他の2人は適応する必要がある」

 おそらくクロップ監督は、失点に至った場面のどちらかを静止画で示し、最終ラインの高さを含む中盤のオーガナイズを修正したのではないか。繰り返すが、失点した場面はどちらも、ぽっかり穴が開いたように、プレスがまるでハマっていなかった。

 そして、冷静な熱血漢によって修正されたリバプールは、連動して右からボックス内に入ったサラーが決めて49分に追い付く。その様子は、崩したというよりは、するすると入っていってゴールを決めた、といったところだ。

 60分が過ぎる頃には、ミランの選手たちの足は止まり始め、一時は逆転したのが幻のように、力の差は歴然としていた。ロッソ・ネロは渾身の力を前半の終わりに振り絞ってしまったようだ。69分にはCKから相手がクリアしたボールを、ジョーダン・ヘンダーソンがダイレクトで突き刺して逆転。ここから、プレス→蹴る→回収される、という流れを掻い潜って逆転する力は、ミランには残っていなかった。

 それにしてもなぜ、クロップ監督には“余裕”があったのだろうか。ハームタイムに怒らず冷静だったのもそうだが、このミラン戦の先発メンバーに目を向けると、サディオ・マネとフィルジル・ファン・ダイクはベンチスタートを選択。スタメンの選び方にも“余裕”が垣間見える。

クロップ監督は“飛車角落ち”を選択した理由

 試合後のクロップ監督によれば、ファン・ダイクに関しては、コンディションに問題はなかったようだ。しかし、CB陣が野戦病院化した昨季と比べ、ジョエル・マティップもジョー・ゴメスも戦列に復帰していることを考慮して、ローテーションを行ったようだ。

 もちろん事前のスカウティングで現在のミランを分析し、チーム力の差を確認していたところはあるだろう。しかし、CLの初戦である。プレミアのライバルであるマンチェスター・ユナイテッドが初戦でヤング・ボーイズに敗れた結果は知っているだろう。万全を期して、ベストメンバーでミラン戦に臨むという選択があったとしてもおかしくはない。それでもクロップ監督は“飛車角落ち”を選択した。

 その“余裕”の理由として考えられるのは、上記のファン・ダイク、マティップ、ゴメスを始め怪我人が続出した昨季を経験したことが大きいのではないか。CLの出場すら危うかった地獄のようなシーズンを生き延びたことで、もともと百戦錬磨だったクロップ監督の思考は、さらにタフになったのではないか。

 そういった意味では、完全アウェイのアンフィールドでリバプールに“洗礼”を受けたことで、ミランの選手たちも一層タフに生まれ変わる可能性はある。その前に決勝トーナメント進出が決まっている可能性もあるが、12月にサン・シーロで行われるリターン・マッチも、まだまだ気は抜けなさそうだ。

(文:本田千尋)

【了】