プレミアリーグは開幕から5試合を終えたが、チェルシーとリバプールの2チームが非常に珍しい結果を残していることに注目が集まっている。それぞれ5試合の結果が、スコアまで完全に一致しているのだ。

 チェルシーとリバプールはともに4勝1分けを記録し、勝ち点13を獲得。得点12、失点1と全くの同成績で首位に並んでいる。

 シーズン序盤のこの段階であれば、2つのチームが得点数や失点数まで全く同じ成績を収めていることはそれほど珍しくはない。だがそれだけではなく、5試合のスコアまで全く同じというのは非常にレアなケースだ。

 チェルシーとリバプールはどちらも開幕戦に3-0の勝利を収め、第2節は2-0の勝利。第3節では直接対決で1-1のドローに終わった。続いて第4節、第5節はどちらも3-0の勝利。ホームとアウェイは全て逆だが、3-0、2-0、1-1、3-0、3-0というスコアで一致している。

 英紙『タイムズ』によれば、開幕から5試合を戦った2チームの全試合のスコアが全く同じというのは、1888年にイングランドのトップリーグが開始されて以来史上初の例だという。

 今週末に行われる次節の試合ではチェルシーがホームでマンチェスター・シティと、リバプールがアウェイでブレントフォードと対戦。珍記録はさらに伸びるのだろうか。