「シティに対するシステムの問題ではなく…」

プレミアリーグ第6節、チェルシー対マンチェスター・シティが現地時間25日に行われ、0-1でシティが勝利を収めた。試合はわずか1点差で決着がついたが、試合のペースを握ったのはシティだった。昨季のUEFAチャンピオンズリーグを含めて、3連敗を喫していたトーマス・トゥヘル監督率いるチェルシーを、どのようにして圧倒したのだろうか。(文:本田千尋)
———————————–

 ボールを失った時の質で圧倒した。

 現地時間9月25日に行われたプレミアリーグ第6節。スタンフォード・ブリッジに乗り込んだマンチェスター・シティは、敵地でチェルシーに勝利。53分にガブリエウ・ジェズスが決めたゴールが決勝点となった。

 スコアは1-0だったが、決してシティの辛勝ではなかった。チェルシーに枠内シュートを1本も許さないなど、内容を伴った快勝だった。

 試合後、敵将のトーマス・トゥヘル監督は、次のようなコメントを残した。

「失点するまで、我々は最後の20メートルのところで非常に強かったが、残念ながらそこだけだった。残りのピッチ80メートルでの我々は十分な動きができていなかった。今日は3-5-2に決めたが、シティに対するシステムの問題ではなく、判断と相手のスペースへの適応の問題だと思う」

 シティに対してチェルシーは、ロメル・ルカクとティモ・ヴェルナーを2トップに置く[3-5-2]の布陣で臨んだ。より正確に言えば、5バック+3ボランチで「最後の20メートルのところ」を固める[5-3-2]の布陣である。序盤こそハイプレスの応酬だったが、次第にシティがポゼッションを高め、チェルシーはカウンター狙い一辺倒になった。25分の時点で、シティのボール支配率は71%に達している。

 トゥヘル監督が振り返ったように、チェルシーは「最後の20メートルのところ」で守備は非常に固かったが、「残りのピッチ80メートル」でカウンターを仕掛けてフィニッシュまで持っていくことはできなかった。

 なぜか。シティのカウンター・プレスがことごとく機能したからである。

狙われたルカク

 チェルシーのルカクとヴェルナーというカウンター時におけるターゲットは、ペップ・グアルディオラ監督からすると、被カウンター時の守備の的を絞るという点で、非常に分かりやすかったようだ。

 ボールを失った時の即時プレスを基本として、14分の場面のように、前線のルカクとヴェルナーを抑えた上で出し所に迷ったジョルジーニョを潰すことがあれば、20分の場面のように、ボールが入ったヴェルナーそのものを潰すこともあった。同様に後半の立ち上がり、46分にはエンゴロ・カンテからルカクへのパスをベルナルド・シウバが、48分にはジョルジーニョからルカクへのパスをロドリがカットしていた。

 新加入のベルギー代表FWでさえも、ペップとシティの選手たちはボールの取り所として設定していたようである。

 このようにシティはチェルシーを自陣に釘付けにすると、左SBジョアン・カンセロの攻撃参加も手伝って、53分にジェズスが決勝点を決める。先制点を奪った後のシティは、引き続き被カウンター時のルカクとヴェルナーへのパスを警戒しつつ、ハイプレスと引いたところからのカウンターを使い分けながら、ゲームの主導権を握り続けた。相手に枠内シュートを1本も許さず、チェルシーに1-0で完勝した。

マンCにとってパスよりも重要なのは…

 このチェルシー戦の内容と結果は、グアルディオラ監督の理想に限りなく近いものだったと言えるのではないか。ボールを失った後で即時奪回が機能し続けることで、ボール支配率を高めて相手を自陣に押し込み、かつ枠内シュートを許さずに圧倒する。

 もちろんトゥヘル監督の選択したカウンター型に、ルカクとヴェルナーというターゲットが狙い所にされやすいというピュアな側面はあった。それにしても、ポゼッション型のサッカーを突き詰める上では、ボールを失った後で即座に奪い続けること、つまりカウンター・プレスが機能し続けることこそが、敵陣でショートパスを華麗に繋ぐことよりも重要であることを、このチェルシー戦でシティの選手たちは改めて証明した。

 ボールを奪わない限り攻撃することはできない――それこそが攻撃的なサッカーの真髄なのかもしれない。

(文:本田千尋)

【了】