イングランド・プレミアリーグの2試合が現地時間26日に行われた。

 サウサンプトンと対戦したウルヴァーハンプトンは、61分ラウール・ヒメネスがフィジカルとテクニックでディフェンスを翻弄し先制弾を叩き込む。この1点が決勝点となりウルヴァーハンプトンが勝利。負けたサウサンプトンはリーグ戦いまだ勝ちがない。

 アーセナル対トッテナムのノースロンドンダービーが行われた。エミール・スミス・ロウ、ピエール=エメリク・オーバメヤン、ブカヨ・サカが立て続けにゴールを決め、前半を3-0で折り返す。79分にトッテナムのソンフンミンにゴールを許したが、それ以上の失点を許さず、3-1でアーセナルが3連勝を飾った。日本代表DF冨安健洋はこの日も右サイドバックで先発出場している。

 27日に予定されているクリスタル・パレス対ブライトンを除く第6節すべてを消化。プレミアリーグで首位に立つのはリバプールで、4勝2分で唯一無敗をキープしている。

26日結果まとめ▽
サウサンプトン 0-1 ウルヴァーハンプトン
アーセナル 3-1 トッテナム

【了】