セリエAの6試合が現地時間26日に行われた。

 ユベントス対サンプドリアの試合は、10分パウロ・ディバラが左足を振りぬき先制。2ー0で迎えた44分にアントニオ・カンドレーバのクロスに吉田麻也が頭で合わせて1点を返す。その後両者1点ずつ奪い3ー2でユベントスの勝利となった。

 エンポリはボローニャ相手に4得点を奪い、結果4−2で勝利を収めている。

 サッスオーロとサレルノの一戦は、同点で迎えた54分右からのクロスに合わせたドメニコ・ベラルディのゴールが決勝点となりサッスオーロの勝利で終わった。

 ウディネーゼと対戦したフィオレンティーナは16分にVAR判定から獲得したPKをドゥシャン・ヴラホヴィッチが決めて先制。このゴールを守り切り勝ち点3を積み上げている。

 ラツィオとローマの一戦は、63分にフェリペ・アンダーソンがゴールを決めてラツィオが3ー1と突き放す。69分ジョルダン・ヴェレトウトのゴールで再び1点差に詰め寄ったローマだったがもう1点は遠く、この試合はラツィオに軍配が上がった。

 ホームにカリアリを迎えたナポリは、1点リードの57分にヴィクター・オシムヘンが獲得したPKをロレンツォ・インシーニェが落ち着いて決めて2ー0とし、その後失点も許さず勝利を収めている。ナポリは開幕6連勝を達成した。

 第6節の残り1試合ヴェネツィア対トリノは現地時間27日に行われる。

26日結果まとめ▽
ユベントス 3ー2 サンプドリア
エンポリ 4-2 ボローニャ
サッスオーロ 1-0 サレルノ
ウディネーゼ 0-1 フィオレンティーナ
ラツィオ 3-2 ローマ
ナポリ 2-0 カリアリ

【了】