5位:リバプール史上最速でプレミア100ゴールを達成したエース

 100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高いサッカー選手は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングの最新版を紹介する。※市場価値、成績は9月28日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

FW:モハメド・サラー(リバプール/エジプト代表)
生年月日:1992年6月15日
市場価格:1億ユーロ(約130億円)
20/21リーグ戦成績:37試合22得点5アシスト

 14年冬からプレーしたチェルシーでは活躍できず、ローマなどを経て17年夏にリバプールに加入した。2017/18シーズンからは2季連続でプレミアリーグ得点王のタイトルを獲得。エースとしてUEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇とプレミアリーグ優勝に大きく貢献している。

 リーグの得点王争いに絡めるようになったのはリバプールに加入してから。激しいプレッシングからショートカウンターを志向するリバプールの戦術との相性は抜群で、爆発的なスピードで相手DFを置き去りにし、高い決定力でゴールを積み重ねてきた。

 史上初となる5季連続でプレミア開幕戦ゴールを決めるなど、今季も序盤戦からゴールを量産している。第6節ブレントフォード戦ではプレミアリーグ通算100ゴールを達成。リバプールのレジェンド、ロジャー・ハント氏を上回る151試合での100ゴールはクラブ史上最速の記録となった。

 サラーがリバプールに加入した当初の市場価値は3500万ユーロ(約45.5億円)だった。そこから2季連続でリーグ得点王を獲得したことで、その価値は大幅に上昇。一時は加入当初の4倍以上となる1億5000万ユーロ(195億円)に到達した。20年からは新型コロナウイルスの影響もあり下降傾向にあるが、全選手で4番目に高い1億ユーロ(約130億円)の市場価値となっている。

4位:プレミア初挑戦となる若きイングランドの才能</h2>

MF:ジェイドン・サンチョ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド代表)
生年月日:2000年3月25日
市場価格:1億ユーロ(約130億円)
20/21リーグ戦成績:26試合8得点12アシスト

 ワトフォードとマンチェスター・シティの下部組織で育ったサンチョは、U-17ワールドカップを制覇した17年夏にドルトムントへ移籍。加入2年目の2018/19シーズンより主力に定着し、3シーズン連続で2桁アシストを記録するなど、ドルトムントの攻撃陣を牽引した。

 高い足下の技術を活かしたドリブルと両足から放たれる精度の高いパスで局面を打開できるのがサンチョの凄さだ。ワイドでも中央でも味方選手との連係でゴールに絡むことができる選手で、ブンデスリーガでは104試合で38ゴール51アシストと21歳とは思えない成績を残した。

 21年夏にマンチェスター・ユナイテッドへ完全移籍。プレミアリーグ初挑戦となるサンチョは、やや適応に苦しんでおり、第6節終了時点ではゴールに絡むことはできていない。だが、ドイツからプレミアに移籍してきた選手が適応に苦しむのは一般的なことであり、長期的な目線で彼の活躍を見守る必要があるだろう。

 17年夏にドルトムントがサンチョを獲得した時の市場価値は500万ユーロ(6.5億円)。プロデビューしていない選手にこれだけの価値があったこと自体が驚くべきことなのだが、そこからシーズンを追うごとに価値は上昇。公式戦20ゴール20アシストを記録した2019/20シーズンには1億3000万ユーロ(約169億円)まで市場価値が高まった。現在は新型コロナウイルスの影響で1億ユーロ(130億円)に下がっているが、今後プレミアリーグで活躍することができたらその価値はさらに高まることになるだろう。

3位:得点王とアシスト王を同時受賞した万能ストライカー</h2>

FW:ハリー・ケイン(トッテナム/イングランド代表)
生年月日:1993年7月28日
市場価格:1億2000万ユーロ(約156億円)
20/21リーグ戦成績:35試合23得点14アシスト

 トッテナムの生え抜きであるハリー・ケインは、2014/15シーズン以降、毎シーズン公式戦で20ゴール以上を記録している。28歳にしてトッテナムのレジェンド、ジミー・グリーブス氏の次ぐクラブ史上2番目のゴール数を積み上げている。

 ケインはゴール前での圧倒的な決定力だけでなく、中盤に降りてきてゲームメイクする能力にも長けている。ソン・フンミンとの連係が光った2020/21シーズンは、プレミアリーグで23ゴール14アシストと得点王とアシスト王を同時受賞する史上2人目の快挙を成し遂げた。

 21年夏に行われたユーロ(欧州選手権)では、決勝トーナメントから3試合連続でゴールを記録。主将としてイングランドを史上初の決勝に導く活躍を披露した。また、大会期間中から盛んにプレミア王者マンチェスター・シティへの移籍が噂されていたが、トッテナムのダニエル・レヴィ会長が移籍を容認せず。2021/22シーズンもトッテナムでプレーしている。

 ケインの市場価値が過去最高額の1億5000万ユーロ(195億円)に達したのは、プレミアリーグで30ゴールを記録した2017/18シーズン。その後もゴールを積み重ねたケインは自身の価値を維持していたが、他の選手同様に20年に新型コロナウイルスの影響を受けわずかに下落。現在は世界で3番目となる1億2000万ユーロ(約156億円)となっている。

2位:ゴール数が出場試合数を上回るノルウェーの怪物</h2>

FW:アーリング・ブラウト・ハーランド(ドルトムント/ノルウェー代表)
生年月日:2000年7月21日
市場価格:1億3000万ユーロ(約169億円)
20/21リーグ戦成績:28試合27得点8アシスト

 現マンチェスター・ユナイテッドのオレ・グンナー・スールシャールが率いていたモルデで台頭したハーランド。当時からその得点力は怪物級で19年夏に行われたU-20ワールドカップのホンジュラス戦では1試合9ゴールの離れ業をやってのけた。その後のザルツブルクでのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)5試合連続ゴールや現在所属しているドルトムントでの活躍は記憶に新しいだろう。

 194cmと大柄ながらスピードがあり、足下にボールを収める技術があるハーランド最大の武器は左足のシュートだろう。その「威力」と「精度」はまさに怪物級で、超一流のGKでも芯に当たったシュートを止めることは困難だ。

 20年冬に加入したドルトムントでは、出場試合数を上回るペースでゴールを量産している。2021/22シーズンは開幕5試合で7ゴール4アシストを記録しており、21歳にして世界トップクラスのストライカーと言っても過言ではないだろう。

 19年冬にモルデからザルツブルクに移籍した時のハーランドの市場価値は500万ユーロ(6億5000万円)。CLやリーグでの大活躍もあり、その価値は常に上昇し続けている。新型コロナウイルスの影響でサッカー選手全体の市場価値が下がっている中、ハーランドは21年6月に1億3000万ユーロ(約169億円)に到達。世界で2番目に高価なサッカー選手と評価されるまで成長を遂げた。

1位:3季連続でリーグ得点王に輝いているフランスの至宝</h2>

FW:キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン/フランス代表)
生年月日:1998年12月20日
市場価格:1億6000万ユーロ(約208億円)
20/21リーグ戦成績:31試合27得点7アシスト

 唯一の200億円超えの市場価値を叩き出したのは、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するキリアン・ムバッペだ。22歳にしてワールドカップ優勝、4度のリーグ・アン優勝、2018/19シーズンからは3シーズン連続でリーグ得点王の個人タイトルを獲得している世界的を代表するスーパースターだ。

 ムバッペ最大の武器は時速38kmとも言われる人間離れのスプリント力だろう。特にカウンターの場面でのムバッペは、相手DFからすると驚異でしかなく、ファウル以外で止めることは困難だ。また、ゴール前での決定力と落ち着きもあり、常にゴールを量産し続けている。

 21年夏には幼少期から大ファンのレアル・マドリードへの移籍が噂されたが実現せず。現行契約が今季限りということもあり今後の去就に注目が集まるが、まずはPSGでのネイマール、メッシとの共演に注目したい。

 19歳にして背番号「10」を背負いフランスを18年夏のワールドカップ優勝に導いたムバッペの市場価値は、同年10月に当時の世界最高額である2億ユーロ(260億円)に到達。その後、新型コロナウイルスの影響もあり価値は低下傾向にあるが、1位の座を守り続けている。市場価値2位のハーランドとは、同じポジションということもあり、今後様々な個人タイトルを争うことになると予想されるが、彼らの市場価値の争いにも注目したい。

【了】