GK紹介</h2>

 リーガ・エスパニョーラは2021/22シーズンが開幕してすでに7節を終えた。アトレティコ・マドリードは今夏、アントワーヌ・グリーズマンの復帰やロドリゴ・デ・パウルが加入。リーガ2連覇に向けて開幕から好スタートを切っている。今回は、アトレティコ・マドリードの最新スターティングメンバー11人をフォーメーションとともに紹介する(直近数試合のメンバーとフォーメーションを元に作成)。

—————————–

ヤン・オブラク(スロベニア代表/背番号13)
生年月日:1993年1月7日(28歳)

 2014年にアトレティコ・マドリードに加入以降、安定して高パフォーマンスを続けるヤン・オブラクは、5度のサモラ賞(ラ・リーガ1試合平均最少失点)受賞や15/16シーズンから4年連続のラ・リーガ最優秀ゴールキーパー選出など傑出した活躍を見せている。昨季の7年ぶりのリーグ優勝は、この男がいなければありえなかっただろう。

 母国クラブでデビューしたオブラクは、ベンフィカを経てアトレティコに移籍するとその才能が開花した。鋭い反射神経と的確なポジショニングで昨季は1試合平均失点0.66とほとんどのシュートをセーブ。弾く方向も完璧で、こぼれ球を詰めることも許さないこの男がいる限り、アトレティコの鉄壁が崩壊することはない。

DF紹介

ステファン・サヴィッチ(モンテネグロ代表/背番号15)
生年月日:1991年1月8日(30歳)
 
 セルビアのFK BSKボルチャでプロデビューを果たしたステファン・サヴィッチは、2011年にマンチェスター・シティに移籍。リーグ優勝はしたものの出場は11試合に止まり、翌年にフィオレンティーナに放出された。しかし、セリエAではすぐにスタメンを確保。3シーズンに渡りチームに貢献し、2015年にアトレティコ・マドリードに加入した。

 強靭なフィジカルと空中戦の強さを武器に対人の守備で強さを見えるサヴィッチは、鉄壁を誇るアトレティコ・マドリードのDFを牽引する。どんなタフな試合でも最後まで戦い続けるその姿は、ディエゴ・シメオネのサッカーをその身で体現している。昨季公式戦200試合を達成したこの男は、今季もアトレティコを最終ラインから支えている。

ホセ・マリア・ヒメネス(ウルグアイ代表/背番号2)
生年月日:1995年1月20日(26歳)

 9年に渡りアトレティコ・マドリードを支え続けたディエゴ・ゴディンの退団後、その背番号を受け継いだ同郷のホセ・マリア・ヒメネスの活躍により、アトレティコの鉄壁は築かれ続けている。加入初年度にリーグ優勝した際は1試合のみの出場だったが、今季はDFリーダーとして7季ぶりのリーグ優勝に貢献した。

 鉄壁を誇るアトレティコでDFリーダーを務めるヒメネスは、空中戦の強さと粘り強い対人守備を武器に闘争心剥き出しのプレーでチームを牽引。守備のみでなく、セットプレーでも強さを見せるこのDFは攻守で貢献する。毎年の負傷による離脱が気がかりだが、この男の活躍は今季も必要不可欠だ。

マリオ・エルモソ(スペイン代表/背番号22)
生年月日:1995年6月18日(26歳)

 レアル・マドリードのカンテラ(下部組織)出身のマリオ・エルモソは、トップチームへの出場は叶わず2017年にエスパニョールに移籍。初年度からスタメンに定着し、ラ・リーガでその実力を証明した。その後2019年にアトレティコ・マドリードに移籍すると、同年にスペイン代表デビューを果たした。

 エルモソのボールを奪い切るクリーンな守備やゴール前で相手FWにシュートを打たせない体の寄せ方、間合いの取り方といった対人守備は、ディフェンスに定評のあるアトレティコの中でも随一。さらに、高精度のロングフィードでカウンターの起点にもなれるこのDFは、カウンターを得意とする同クラブにおいて攻守で重要な役割を担う。

MF紹介</h2>

ジェフリー・コンドグビア(中央アフリカ代表/背番号4)
生年月日:1993年2月15日(28歳)

 中盤の底に君臨し、ボックス・トゥ・ボックスでチームに貢献したトーマス・パーティの退団により、その穴を埋めるピースとして獲得したのがジェフリー・コンドグビアだ。昨季は後半途中からの出場が主となったが、守備に定評のあるコンドグビアは試合終盤にチーム引き締め、1点差のゲームを確実に勝利に導いた。
 
 強靭なフィジカルを活かした守備で相手の攻撃の芽を摘み、広い視野と高精度のパスでゲームメイクするコンドグビアは、今季からアンカーに定着。中盤の底で攻守を繋ぎ、タイミングを見てゴール前に運んでいく推進力も持つこのMFは、アトレティコの2連覇に欠かせないピースとなっている。

マルコス・ジョレンテ(スペイン代表/背番号14)
生年月日:1995年1月30日(26歳)

 15/16シーズンにレアル・マドリードでトップチームデビューを果たしたマルコス・ジョレンテは、出場機会をなかなか得られず2019年にライバルのアトレティコ・マドリードに移籍。同クラブでディエゴ・シメオネ監督に守備的MFから右SBやMFにコンバートされるとその才能が開花した。一時はメンバー外となる時期もあったが、献身的なプレーでスタメンを奪取するとリーガを代表する選手に成長した。

 マルコス・ジョレンテは、90分間走り続ける無尽蔵の体力と一切さぼることのない献身的なプレーで攻守に貢献する。今やアトレティコに欠かせない存在となった同選手の市場価値は、加入後2年間で8000万ユーロ(約96億円)にまで跳ね上がった。多くのビッグクラブから獲得が噂される同選手の活躍に注目が集まる。

コケ(スペイン代表/背番号6)
生年月日:1992年1月8日(29歳)

 8歳からアトレティコのカンテラ(下部組織)に入団し、10/11シーズンにトップチームデビュー以降、レンタル移籍などでクラブを出たことのも無く、同クラブに貢献し続ける生え抜きのキャプテン。闘志あふれるプレーでチームを牽引してきたこの男はまさにアトレティコの象徴だ。

 主戦場はボランチだが、インサイドハーフや両サイドハーフもこなし、どのポジションでも変わらず高パフォーマンスを見せるコケは高いユーティリティー性を持つ。さらに、闘志を全面に出しつつも広い視野と冷静な判断で試合全体を把握し、高精度のパスで試合をコントロールするこの男は、アトレティコの心臓と言っても過言ではないだろう。

トーマス・レマル(フランス代表/背番号11)
生年月日:1995年11月12日(25歳)

 ASモナコで頭角を現したトーマス・レマルは、16/17シーズンにキリアン・ムバッペらとともにリーグ1優勝、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)ベスト4進出に貢献。欧州に旋風を巻き起こした。さらに2018年にはフランス代表の一員として、FIFAワールドカップ2018優勝に貢献。大会後、多くのビッグクラブから関心が寄せられる中、アトレティコ・マドリードに移籍した。

 非凡なテクニックとスピードを活かした鋭いドリブルで左サイドを駆け上がるレマルは、高精度パスでチャンスメイクも得意とする。広い視野を活かし、サイドだけでなくインサイドハーフもこなせるこのMFは、相手の急所を突くパスでゴールを演出。FKも得意とし、幅広いプレーでアトレティコの攻撃を牽引する。

ヤニック・カラスコ(ベルギー代表/背番号21)
生年月日:1993年9月4日(28歳)

 2015年にアトレティコ・マドリードに加入したヤニック・カラスコは10番を背負い、その華麗なドリブルでリーガ・エスパニョーラを無双。ラ・リーガを代表するアタッカーとなった。しかし、全盛期でありながら2018年にまさかの中国スーパーリーグに移籍。2年プレーした後、アトレティコに復帰した。

 凄まじいテクニックで相手を翻弄するカラスコのドリブルは、ファール無しでは止められない。サイドライン付近や密集した局面での突破力は、世界でもトップクラスだ。中国スーパーリーグから復帰後も以前と変わらぬクオリティーを維持しているこの男は、昨季のリーグ優勝に貢献。今季は連覇に向け、さらなる活躍が求められるだろう。

FW紹介</h2>

アントワーヌ・グリーズマン(フランス代表/背番号8)
生年月日:1991年3月21日(30歳)

 レアル・ソシエダでプロデビューしたアントワーヌ・グリーズマンは、2014年にアトレティコ・マドリードに加入すると瞬く間にワールドクラスのストライカーに変貌を遂げた。アトレティコ絶対的エースとなったが、2019年にタイトル獲得を求めてバルセロナに移籍。多くの波紋を呼んだ移籍となったが、バルセロナでは結果が出ず今夏にアトレティコに復帰した。

 圧倒的なテクニックと決定力でチャンスメイクと得点の両方が出来るグリーズマンは、その華麗かつ多彩なプレーでアトレティコに新たなオプションをもたらす。個での突破や味方を活かすプレーができるルイス・スアレスとの2トップは、ラ・リーガでもトップクラスの攻撃力を誇るだろう。

ルイス・スアレス(ウルグアイ代表/背番号9)
生年月日:1987年1月24日(34歳)

 世界トップクラスのストライカー、ルイス・スアレスは34歳となってなお衰えを知らない。バルセロナで得点を量産したスアレスは、昨季アトレティコ・マドリードに移籍すると攻撃力に欠けるチームのエースとして躍動。32試合で21得点を決め、7シーズンぶりにリーグ優勝の立役者となった。

 絶妙なタイミングでの裏への抜け出しと鋭い嗅覚を武器に得点を量産するスアレスのショート精度は、まさにワールドクラス。さらに、どんな体勢でも正確にボールを捉えるボレーシュートは絶品だ。ゴールはもちろんだが、周りも活かせるこの男がいる限りアトレティコはラ・リーガの優勝候補であり続ける。