セルティックのFW古橋亨梧が、まもなく復帰を果たすことになりそうだ。アンジェ・ポステコグルー監督のコメントを英『デイリー・レコード』などが伝えた。

 古橋は9月に日本代表招集を受けた際に負傷し、その後離脱が続いている。しかし、現地時間30日に行われるヨーロッパリーグのレバークーゼン戦でピッチに立つ準備が整ったようだ。

 ポステコグルー監督は、先発で復帰する可能性を否定したものの、「プレー時間を与えることは理に適っている」とコメント。セルティックは古橋のほかにも負傷からの復帰が近い選手がおり、誰に出番がめぐってくるかは分からないが、古橋が順調に回復していることは確かなようだ。

 また、同メディアは、ポステコグルー監督のもう一つの発言にも注目。指揮官は古橋について「キョウゴは日本代表に招集された。代表ウィーク前にどの段階にいるのか把握したい」と述べたが、古橋は10月の日本代表に呼ばれていない。

『デイリー・レコード』は、おそらくポステコグルー監督の勘違いだろうとしながらも、「我々がまだ知らないことを知っている可能性はある」とも記した。