15位:アジア最高の男

 100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高いサッカー選手は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングの最新版を紹介する。※市場価値、成績は9月28日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

—————————–

FW:ソン・フンミン(トッテナム/韓国代表)
生年月日:1992年7月8日(29歳)
市場価値:8500万ユーロ(約102億円)
20/21リーグ戦成績:37試合17得点10アシスト
21/22リーグ戦成績:5試合3得点0アシスト

 韓国出身だが、Kリーグでプレーした経験は一度もない。若くしてドイツのハンブルガーSV下部組織に成長の場を求め、そのままトップチームデビューを飾っている。その後メキメキ力をつけると、2013年にレバークーゼンへの移籍を勝ち取ることに。2シーズン連続でブンデスリーガ二桁得点を記録するなど、同クラブでもしっかりと結果を残した。

 その勢いは2015年に移籍したトッテナムでさらに加速した。世界最高峰のプレミアリーグで自身の持ち味を遺憾なく発揮すると、2年目でリーグ戦14得点をマーク。現在は同5シーズン連続で二桁得点を記録中で、昨季はキャリアハイとなる17得点という数字を残した。ハリー・ケインと織りなすその破壊力は、すべてのDFにとって悩みの種となっている。

 今や世界屈指のアタッカーとして名を馳せる29歳の市場価値は現在、8500万ユーロ(約102億円)となっている。これは韓国人選手としてはもちろん、アジア人選手としても断トツの数字だ。なお、トッテナム加入時は1600万ユーロ(約19億円)だったので、6900万ユーロ(約83億円)も上昇したことになる。

14位:不調に苦しむ快速アタッカー

FW:サディオ・マネ(リバプール/セネガル代表)
生年月日:1992年4月10日(29歳)
市場価値:8500万ユーロ(約102億円)
20/21リーグ戦成績:35試合11得点8アシスト
21/22リーグ戦成績:6試合3得点0アシスト

 チャンピオンズリーグ(CL)とプレミアリーグの頂点に立つなど近年強さを見せつけてきたリバプールにおいて、サディオ・マネの存在は不可欠であった。爆発的なスピードと決定力、豊富な運動量、タフさを武器に数々のDFにとっての脅威となり、2018/19シーズンにはプレミアリーグ得点王の座に初めて君臨。誰もがその能力の高さを認めた。

 しかし、そんなマネは現在逆風に立ち向かっていると言えそうだ。昨季途中からパフォーマンスレベルが低下しており、ついこの間までの怖さが影を潜めている。今季もプレミアリーグ開幕6試合で3得点と結果こそ出ているものの、ボールロストが多いなどリズムを取り戻せていない感は否めない。

 その影響もあるのだろう、セネガル代表FWの市場価値は下落が続いている。一時は1億5000万ユーロ(約180億円)あったが、現在は8500万ユーロ(約102億円)となっているのだ。30代手前にして一つの壁にぶつかったマネは今後、どのようなキャリアを築いていくのか。注目だ。

13位:名門の10番

FW:マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド代表)
生年月日:1997年10月31日(23歳)
市場価値:8500万ユーロ(約102億円)
20/21リーグ戦成績:37試合11得点11アシスト
21/22リーグ戦成績:0試合0得点0アシスト

 マンチェスター・ユナイテッドの下部組織出身であるマーカス・ラッシュフォードが登場した際のインパクトは凄まじいものがあった。トップチームデビュー戦、そしてプレミアリーグデビュー戦でそれぞれ2ゴールをマークできる男は、後にも先にも多くはいないだろう。クラブの偉大なるレジェンドと肩を並べられるだけの実力があると気づくのに、そう多くの時間はかからなかった。

 2018/19シーズンより背番号を10に変更すると、ラッシュフォードの存在感はますます増した。そのシーズンに初めてプレミアリーグ二桁得点を記録すると、翌シーズンは同17得点と大爆発。そして昨季は11得点11アシストという見事な数字を残している。エースナンバーを背負うに相応しい活躍ぶりであることに、疑いの余地はないだろう。

 そうしたパフォーマンスもあり、ラッシュフォードの市場価値は着実に上昇。これまでのキャリア最高は8000万ユーロ(約96億円)となっていたが、現在は8500万ユーロ(約102億円)となっている。今季は怪我の影響で未だ出番がないが、復帰後に活躍できればさらに金額はアップしていくだろう。

12位:突如勢いを失ったアタッカー

FW:ラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ/イングランド代表)
生年月日:1994年12月8日(26歳)
市場価値:9000万ユーロ(約108億円)
20/21リーグ戦成績:31試合10得点8アシスト
21/22リーグ戦成績:6試合1得点0アシスト

 リバプールで頭角を現し、20歳の時にマンチェスター・シティの一員となったラヒーム・スターリング。加入当初から主力として起用されると、2016年より就任したジョゼップ・グアルディオラ監督の元でさらにスキルを磨き、攻撃陣において不可欠な存在に。毎シーズンのようにプレミアリーグで15得点以上を叩き出し、2019/20シーズンには同20得点という大台に乗せている。

 しかし、シティ在籍6年目となった昨シーズンに突如としてその勢いが消えることに。終盤戦はベンチを温めることも多く、結果的にプレミアリーグでは前シーズンの半分となる10得点を奪うに留まった。迎えた今季もベンチスタートがほとんどなっており、やはりパフォーマンスレベルも著しくない。攻撃に不可欠なピースだった男は、今や放出の危機にさらされている。

 ノリに乗っていた2019年12月時点で、スターリングの市場価値はキャリア最高の1億6000万ユーロ(約192億円)にまでアップしていた。それが今や9000万ユーロ(約108億円)に。約84億円もダウンしてしまうことになっている。まだ26歳と十分やれるだけに、今後の奮起に期待したいところだが…。

11位:世界屈指の万能型

MF:ヨシュア・キミッヒ(バイエルン・ミュンヘン/ドイツ代表)
生年月日:1995年2月8日(26歳)
市場価値:9000万ユーロ(約108億円)
20/21リーグ戦成績:27試合4得点10アシスト
21/22リーグ戦成績:6試合3得点4アシスト

 ヨシュア・キミッヒ自身、初のブンデスリーガ挑戦の場がバイエルン・ミュンヘンになるとは思っていなかっただろう。かなりのプレッシャーもあったはずだ。しかし、当時2部のRBライプツィヒから獲得を希望したジョゼップ・グアルディオラ監督の期待に応えるように、1年目から躍動。後半戦には主力も張った。そこから絶対的な地位を築くまで、ほぼ時間はかかっていない。

 センターバックから右サイドバック、中盤までこなすなど傑出したインテリジェンスを誇っており、チームに戦術に柔軟に対応できる。守備対応の良さに豊富な運動量、またブンデスリーガでのアシスト数の多さが示す通り卓越したパスセンスも兼ね備えるなど、何でも一人でできてしまう。現役最高の万能型と言っても過言ではないはずだ。

 そんなスペシャルなスキルを持つキミッヒの市場価値は、バイエルンでの存在感が増すにつれどんどん上昇している。とくにブンデスリーガとチャンピオンズリーグ(CL)優勝に貢献した2019/20シーズン終了後からぐんと伸びており、現在はキャリアハイとなる9000万ユーロ(約108億円)という価値がついている。これはバイエルン内だけでなく、ドイツ人選手としてナンバーワンの数字だ。