難しいピッチコンディションの中で

 プレミアリーグ第7節、ブライトン対アーセナルが現地時間2日に行われ、0-0の引き分けとなった。アーセナルの冨安健洋はデビュー戦から4試合連続で先発に名を連ねた。好調なブライトン相手にアウェイの地で無失点に抑えたが、冨安は対峙したマルク・ククレジャに大苦戦を強いられた。(文:安洋一郎)
———————————–
 「我々は勝ち点1を獲得した。それ以上に値しなかったと思う」

 試合後、アーセナルのミケル・アルテタ監督はこのように試合を振り返った。

 開幕3連敗からの3連勝と大きく調子を上げているアウェイのアーセナル。しかし、前節にグラニト・ジャカが右膝を負傷し、約3ヶ月間の離脱が予想されている。ようやくベストの布陣が完成したと思われた矢先の長期離脱は痛恨だが、しばらくはこの試合でも先発に抜擢されたアルベール・サンビ・ロコンガが彼の穴を埋める形となるだろう。

 一方、ホームのブライトンはイブ・ビスマやアダム・ウェブスターなど複数の主力を欠く中でも、開幕6試合で勝ち点「13」を積上げており、序盤戦の主役となっている。

 まず、この試合を語る上で重要になってくるのがピッチコンディションの悪さだ。強い雨に加え、猛烈な風が吹いており、両チームの選手は共に不用意なボールロストが目立つ展開となった。

 難しいピッチコンディションの中で主導権を握ったのはホーム、ブライトンだった。19年夏のグラハム・ポッター就任当初から継続して使用している3バックのシステムは、メンバーの入れ替わりがある中でも成熟度を増している。この試合でもサイドで数的優位な場面を多く作り、幾度となくチャンスを演出した。

 ブライトンは試合を通じて21本のシュートを放った。しかし、枠内シュートはわずか2本に留まり、試合を支配したがゴールを奪うことは出来なかった。

 一方のアーセナルはブライトンの前線からのプレスに大苦戦。数こそ少なかったが、前節から右サイドに入っているブカヨ・サカの突破から、何度かブライトンゴールに迫った。しかし、こちらも得点を奪うことは出来ず、ボール支配率も42%と終始、主導権を握られる形となった。
 
 結果、スコアレスドローに終わった今節。アルテタ監督の試合後の発言通り、ブライトンが勝ち点「2」を失い、アーセナルが勝ち点「1」を拾ったような試合内容であった。

攻め込まれるも、無失点に抑えられた理由とは

 9月の代表ウィーク明けの第4節ノリッジ戦から調子を上げているアーセナル。その大きな要因となっているのが守備陣の活躍だ。開幕3試合は主力のケガの影響もあり、ベストメンバーが揃わず、3試合で9失点を喫していた。

ノリッジ戦から新加入の冨安健洋に加え、ガブリエウ・マガリャンイスとベン・ホワイトがケガから復帰。ベルント・レノに代わり、アーロン・ラムズデールが正GKを任されるようになると、2試合連続でクリーンシートを記録した。

 特にCBのガブリエウとホワイトの存在は大きく、今季3試合目のクリーンシートを記録した今節ブライトン戦も彼らの活躍が光った。

 データサイト『SofaScore』によると、古巣対戦となったホワイトは両チーム最多の7つのクリアを記録。ガブリエウと共に両チーム最多タイとなる2つのシュートブロックを記録するなど、最終ラインでの体を張った守備が目立った。

 ゴールを奪うことが出来ず、勝ち点3獲得とはならなかったが、絶好調のブライトン相手にピッチコンディションが最悪のアウェイで、無失点に押さえて勝ち点1を手にしたのは、今後に向けて好材料となったのではないだろうか。

冨安がククレジャに大苦戦した理由とは

 加入後4試合連続で、右SBで先発出場した冨安健洋。これまで出場した試合では安定感のある守備を披露しており、そのポジションは既に不動のものとなっている。

 しかし、今節ブライトン戦は対峙した左WBのマルク・ククレジャに大苦戦を強いられた。

 今節も出足の良いインターセプトからカウンターに繋がる良い守備もあったのだが、前節トッテナム戦同様に数的優位を作られた時の背後へのケアは課題だ。前への意識が強すぎるため、簡単に裏を取られる場面が目立った。

 3バックのシステムを採用しているブライトンは両WBで幅を取り、中盤の選手、もしくは最前線の選手が降りてきてワイドで数的優位を作ってチャンスを作り出している。今節の場合は中盤のアダム・ララーナやレアンドロ・トロサールが、冨安のサイドで攻撃に加わることで数的優位の状況を作り出し、ククレジャを裏に走らせることで多くのチャンスを作っていた。
 
 データサイト『SofaScore』によると、ククレジャは両チーム最多の4つのラストパスを記録。冨安からタックルでボールを奪う場面もみられ、地上戦も6戦5勝と高いスタッツを残した。

 一方の冨安は地上戦で2戦0勝、空中戦で4戦1勝と、これまで無類の強さを誇っていたデュエルの勝率でも低い結果に留まった。データから見てもククレジャに苦戦したのは明らかで、これまで高評価だった現地メディアの評価も厳しいものとなっている。

 英メディア『90min』は「ブライトンの活発なククレジャに踊らされ、アーセナル加入以降、最も刺激の少ないプレーだった」と厳しい評価を与えている。

 前節トッテナム戦の最終盤同様に、自らのサイドで数的優位を作られて自身の背後を狙われる場面が目立った冨安。10月の代表ウィークで一時的にチームを離れるが、自身の裏のスペースを周りの選手と連係しながら、どのようにケアをするのか再確認する必要があるだろう。

(文:安洋一郎)