フランス代表のMFポール・ポグバが、マンチェスター・ユナイテッドとの契約延長を望んでいるという。フランス『レキップ』が伝えた。

 28歳のポグバは、現行契約が今季いっぱいで満了する。以前から移籍が噂されてきた同選手には、レアル・マドリード、パリ・サンジェルマン、ユベントスといったクラブが獲得に興味を持っていると言われてきた。

 しかし、そのポグバは現在、ユナイテッドとの契約延長を希望しているという。FWクリスティアーノ・ロナウド、DFラファエル・ヴァラン、FWジェイドン・サンチョといった新戦力が加入したことで、心境に変化があった模様。近しい友人に、契約を延長したいと語っているという。

 2016年にユベントスからユナイテッドに復帰したポグバ。今後も長くユナイテッドでプレーすることになるのだろうか。