15位:今や日本代表の常連に

 100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高い日本人は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングの最新版を紹介する。※市場価値、成績は10月4日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

—————————–

MF:守田英正(日本代表/サンタ・クララ)
生年月日:1995年5月10日(26歳)
市場価格:300万ユーロ(約3.6億円)
20/21リーグ戦成績:20試合2得点1アシスト

 流通経済大学卒業後に川崎フロンターレへ入団した守田英正は、プロ1年目ながらさっそくレギュラーに定着。クラブにJ1リーグ優勝をもたらした。その後も鬼木達監督の元でコンスタントに出場機会を確保し、2020年には再びリーグ制覇に貢献。同年のJリーグベストイレブンにも選出された。

 川崎Fで大きく自信をつけた守田は今年1月に欧州初挑戦を決断。ポルトガルのサンタ・クララに加入している。すると初出場となったプリメイラ・リーガ第15節リオ・アヴェ戦で試合終了間際に値千金の決勝ゴールを奪取。いきなり爪痕を残したことで、新天地でもレギュラーの座を確保することになった。在籍2年目となる今季もフル出場を継続して果たしている。

 川崎Fからサンタ・クララに加入した際の市場価格は150万ユーロ(約1.8億円)とされていた守田だが、新天地での活躍により、現在は倍額の300万ユーロ(約3.6億円)となっている。今や日本代表の常連にもなった守備的MFは、今後もこの金額を上げていけるか。

14位:若き右サイドバック

DF:菅原由勢(日本代表/AZ)
生年月日:2000年6月28日(21歳)
市場価格:300万ユーロ(約3.6億円)
20/21リーグ戦成績:25試合2得点1アシスト

 2018年に名古屋グランパスとクラブ史上最年少の17歳10ヶ月でプロ契約を結んだ菅原由勢は、そのわずか1年後に活躍の場をオランダに移している。当初はAZへのレンタルという形だったが、昨年にクラブが買い取りオプションを行使したことで2020/21シーズンより完全移籍へ移行。2025年夏までの5年契約となった。

 AZでは基本的にノルウェー代表DFヨナス・スヴェンソンの控えだったが、同選手が怪我で不在時などはハイレベルにその穴を埋めていた。今季はそのスヴェンソンがトルコのアダナ・デミルスポルへ移籍したことで、開幕からコンスタントに出番を確保。レギュラー定着のチャンスが回ってきたと言えるだろう。

 そんな菅原の市場価格は前回更新時にキャリア最高となる300万ユーロ(約3.6億円)に到達。今回はそこから変化がなかったが、今シーズンのパフォーマンス次第でまたグンと伸びるだろう。日本代表の未来を担えるであろう若きDFの今後に注目だ。

13位:日本が生んだ快速マシーン

FW:浅野拓磨(日本代表/ボーフム)
生年月日:1994年11月10日(26歳)
市場価格:300万ユーロ(約3.6億円)
20/21リーグ戦成績:33試合18得点8アシスト(パルチザン・ベオグラード)

 四日市中央工業高校在学中から注目を浴び、サンフレッチェ広島でも活躍した快速自慢が海外挑戦を決断したのは2016年のこと。移籍先はアーセナルだった。しかし、加入後すぐにシュツットガルトへレンタルし、その後ハノーファーへの期限付き移籍も経験。2019年にはセルビアのパルチザン・ベオグラードへ完全移籍するなど、結果的にイングランドの名門で出番が訪れることはなかった。

 それでも、パルチザンでは目覚ましい活躍を見せた。加入後すぐにレギュラーの座を確保し、2年目となった2020/21シーズンには国内リーグだけで18得点をあげる爆発ぶりを披露している。その活躍もあり、市場価値は一気にキャリア最高となる300万ユーロ(約3.6億円)にまで積み上がった。

 しかし、今年5月、給料未払い等を理由にパルチザンとの契約を解除したと発表。勢いに乗っていただけに、なんとも残念な幕切れとなった。その浅野拓磨は6月、ドイツのボーフムへ新天地を求め、再出発を図ることに。パルチザン時代の勢いは戻ってくるのか。

12位:日本の頼れるリーダー

DF:吉田麻也(日本代表/サンプドリア)
生年月日:1988年8月24日(33歳)
市場価格:320万ユーロ(約3.8億円)
20/21リーグ戦成績:32試合1得点2アシスト

 DFリーダーとして長く日本代表を支えている吉田麻也。名古屋グランパスでプロデビューし、その後活躍の舞台をヨーロッパへ移したことにより大きく成長した。今夏に行われた東京五輪(東京オリンピック)ではオーバーエイジ(OA)の一人としてフル稼働しチームを束ねたことで、惜しくもメダル獲得とはならなかったが、再び評価をアップさせた。

 その吉田は所属するサンプドリアでも奮闘中だ。昨季まではレスターを奇跡のプレミアリーグ優勝に導いた名将クラウディオ・ラニエリ監督の元で多くのプレータイムを確保。そして今季からは新指揮官にロベルト・ダヴェルサが就いたが、彼の元でもレギュラーとして起用されているなど信頼を勝ち取っている。

 サウサンプトン在籍時に700万ユーロ(約8.4億円)あった市場価値は現在、その半額以下となる320万ユーロ(約3.8億円)まで下落。しかし、それはパフォーマンスというより、年齢的な部分の影響が大きいと言えそうだ。ベテランDFはまだまだ第一線でプレーするだろう。

11位:成長著しい男

DF:板倉滉(日本代表/シャルケ)
生年月日:1997年1月27日(24歳)
市場価格:350万ユーロ(約4.2億円)
20/21リーグ戦成績:34試合出場/1得点1アシスト

 逞しく成長している日本人選手の一人と言っていいだろう。今夏の東京五輪(東京オリンピック)では負傷していた冨安健洋に代わりセンターバックとしての出場時間を増やすと、ハイレベルにその穴を埋め、チームのベスト4進出に貢献。大きく評価を高めることになった。

 2019年よりマンチェスター・シティからのレンタルで加入したフローニンヘンでの活躍ぶりも凄まじく、昨季はエールディビジ全試合でフル出場を果たすなど圧倒的な存在感を誇示。シーズン終了後には文句なしのクラブ最優秀選手に選出されている。その活躍もあり、市場価値は急上昇。今年1月の時点で130万ユーロ(約1.6億円)だったが、5月の更新時点で350万ユーロ(約4.2億円)となった。

 その板倉滉は今季より活躍の場をドイツ2部のシャルケへ移している。すでにレギュラーとして起用されているなど、早くも監督の信頼を得たようだ。このままのパフォーマンスが続けば、さらに市場価値はアップしていくだろう。