変化をつけなければ…

 日本代表は12日、FIFAワールドカップカタール2022・アジア最終予選でオーストラリア代表と対戦する。前回のサウジアラビア代表戦は0-1と落としている森保ジャパンだが、果たして今回はどのようなパフォーマンスを披露するだろうか。

——————————

 FIFAワールドカップカタール2022・アジア最終予選の3試合目となったサウジアラビア代表戦は柴崎岳のパスミスから決勝点を許し、0-1で敗北。これで早くも2敗目となり、本戦出場がさらに遠のく結果となってしまった。

 最終予選3試合を終え1勝2敗。そして同3試合でわずか1得点。同じメンバー、同じフォーメーションでダラダラと戦い続けてきたことが、この成績を招いていると言わざるを得ない。変化を加えて結果が出ないならまだしも、変化がなく結果も出ていないから、最後に何も残らない。森保ジャパンは重症である。

 迎えるオーストラリア代表戦は、言わずもがな勝ち点3の獲得が絶対条件だ。その結果を得るためには、やはり様々な部分を変えていく必要があるだろう。今回は、そうした点を踏まえスタメン案を考えていきたい。

 GKはサウジアラビア代表戦でビッグセーブを披露した権田修一。控えには川島永嗣と谷晃生もいるが、ここを変える意味はあまり大きくなさそうだ。

 最終ラインは左から中山雄太、板倉滉、吉田麻也、冨安健洋を推したい。

 右サイドバックは酒井宏樹が不動だったが、ここ最近は疲労の影響からか以前のような圧倒的存在感は影を潜めている。そこで、アーセナルで右SBを務める冨安をタッチライン際に出し、今夏の東京五輪(東京オリンピック)でハイパフォーマンスを示しただけでなく新天地シャルケでも活躍するなど調子が良い板倉とキャプテンの吉田をセンターバックで起用したい。そして左サイドバックには身長170cmの長友佑都ではなく同181cmを誇る中山雄太を置くことで、オーストラリア代表の自慢でもある高さを封じる。

 この4人は今夏の東京五輪を戦っているため、連係面の不安も少ないはず。また守備時はもちろん、ビルドアップ時の安定感にも期待できるだろう。

田中碧の出番に期待したい…

 ボランチの一角は遠藤航。アジア最終予選ではここまであまり目立っていないが、そのインテンシティーの高さは森保ジャパンにおいてやはり欠かせない。オーストラリア代表戦でもフル稼働に期待したいところである。

 サウジアラビア代表戦では遠藤の相棒を柴崎が務めたが、同試合での内容を見る限りここでの起用は避けた方がいいだろう。そこでスタメンに推薦したいのが田中碧だ。東京五輪でも証明した通り、MFとしての完成度は日本人屈指。遠藤との連係もすでに深まっているだけに、A代表でも“即戦力”になる可能性は十分高い。ぜひ起用してほしい選手だ。

 攻撃陣の並びは左サイドに南野拓実、右サイドに伊東純也、ツートップに古橋亨梧と大迫勇也だ。

 オーストラリア代表のCBは大柄でかなりパワフルだが、その分スピードは落ちる。セルティックで躍動する古橋にはその弱点を存分に狙ってほしいところで、相方の大迫には潰れ役としてスペースの供給に徹してもらう。

 サウジアラビア代表戦は出場停止だった伊東にも古橋と同じような役割を求めたい。スペースの攻略だ。左サイドの南野には伊東や古橋のような爆発的スピードはないかもしれないが、サイドから中へ入り背後に抜け出す動きの上手さやアジリティが備わっている。古橋と伊東とはまた違った形で怖さを与えられるだろう。

 今回最終ラインに推薦しているのは中山、板倉、吉田、冨安。そしてボランチには田中がいる。非凡な配球力を持つ彼らがいることで、伊東や古橋らもより活きやすくなるだろう。攻めの姿勢を貫きたい。

▽GK
権田修一

▽DF
冨安健洋
吉田麻也
板倉滉
中山雄太

▽MF
遠藤航
田中碧
伊東純也
南野拓実

▽FW
大迫勇也
古橋亨梧