20位:古都のネイマール</h2>

 100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高い日本人は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングの最新版を紹介する。※市場価値、成績は10月4日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

—————————–

FW:奥川雅也(日本/ビーレフェルト)
生年月日:1996年4月14日(25歳)
市場価格:250万ユーロ(約3億円)
20/21リーグ戦成績:13試合出場/1得点2アシスト

 京都サンガF.C.ユース出身の奥川雅也は、2015年にトップチームの昇格するも出場は5試合のみ。J2デビュー後すぐにレッドブル・ザルツブルグに移籍を果たし、欧州リーグへと挑戦の場を移した。

 加入後4年間はレンタル移籍を繰り返したが、5年目には主力に定着。リーグ戦23試合に出場で9得点6アシストを記録した。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)デビューも果たし、欧州での評価を高めた奥川は、2020年11月に日本代表に初招集。しかし、所属クラブ内で新型コロナウイルスによるクラスターが発生したため、招集は取り消しとなった。

 19/20シーズンの活躍により、奥川の市場価値は1年間で125万ユーロ(約1.5億円)から400万ユーロ(約4.8億円)に上昇。しかし、2021年1月にレンタル移籍したビーレフェルトでは思うような活躍が出来ず、250万ユーロ(約3億円)にまで評価を落としている。

19位:Jリーグに帰ってきた元日本代表FW</h2>

FW:武藤嘉紀(日本/ヴィッセル神戸)
生年月日:1992年7月15日(29歳)
市場価格:250万ユーロ(約3億円)
20/21リーグ戦成績:26試合出場/1得点2アシスト(エイバル)

 FC東京ユース出身の武藤嘉紀は、在籍時にトップチーム昇格を打診されるも、これを断って大学進学を選択した。1度は退団したが、大学2年次には古巣のFC東京に特別指定選手として登録され、練習に参加。そして翌年、J1デビューを果たした武藤は、2014年から正式にFC東京に加入した。
 
 1年目からリーグ戦33試合に出場し13得点を記録した武藤は、同年に日本代表初招集。2試合目の出場となったベネズエラ戦で代表初ゴールを決めた。デビュー直後からJリーグで無双し、得点を量産したこのFWは、2015年にドイツのマインツへ移籍。3年間主力として活躍したことで、市場価値は250万ユーロ(約3億円)から600万ユーロ(約7.2億円)まで上昇した。

 そして2018年にはニューカッスル・ユナイテッドへ移籍。第8節のマンチェスター・ユナイテッド戦でプレミア初ゴールを決めるなど、デビューは鮮烈だった。しかし、徐々に出場機会を減らした武藤は、2020年にエイバルへレンタル移籍。ドイツで高めた評価もプレミアでの不遇により徐々に下がっていった。 そして今夏、6年ぶりのJリーグ復帰を決断。市場価値も250万ユーロ(約3億円)にまで下落している。

18位:欧州で覚醒した遅咲きMF</h2>

MF:橋本拳人(日本代表/FCロストフ)
生年月日:1993年8月16日(28歳)
市場価格:250万ユーロ(約3億円)
20/21リーグ戦成績:19試合出場/6得点1アシスト

 2012年にFC東京のトップチームに昇格した橋本拳人は、2013年から当時J2に所属していたロアッソ熊本へ2年間のレンタル移籍した。武者修行から復帰すると2016シーズンには定位置を確保。強靭なフィジカルと長短の正確なパスを武器に、FC東京を代表する選手へと成長を遂げた。2019年には日本代表デビューも飾り、翌年には FCロストフに移籍を果たした。

 FC東京でアンカーを務めた橋本は、FCロストフでインサイドハーフにコンバートされると覚醒。初スタメンを飾った、20/21シーズンの第4節でいきなり決勝ゴール。続く第5節でも決勝点を決め、2試合連続でチームを勝利に導いた。怪我でシーズン途中に離脱したが、初年度から自身最多となるシーズン6得点を記録。ストライカーさながらの活躍で市場価値は一気に250万ユーロ(約3億円)まで上昇した。

 ロシアで好調を維持している橋本は、2019年の日本代表デビュー以降、コンスタントに代表に呼ばれている。しかし、FIFAワールドカップカタール2022・アジア最終予選ではまだ未招集。クラブでの活躍に加え、代表でもさらに活躍することができれば、この男の市場価値はさらに上昇していくはずだ。

17位:不屈のベテランMF</h2>

MF:原口元気(日本代表/FCウニオン・ベルリン)
生年月日:1991年5月9日(30歳)
市場価格:250万ユーロ(約3億円)
20/21リーグ戦成績:34試合出場/9得点7アシスト(ハノーファー)

 浦和レッズでJリーグデビュー後、すぐにスタメンに定着した原口元気は、2011年に日本代表初招集された。その後の勢いそのままに、闘志剝き出しのプレーで浦和レッズを牽引したこのアタッカーは、2014年にブンデス・リーガのヘルタベルリンに加入。かねてから熱望していた欧州リーグへの移籍を果たした。

 原口がドイツに渡り、今年で8シーズン目を迎える。ヘルタ・ベルリン、フォルトゥナ・デュッセルドルフなど、8年間で様々なチームを渡り歩き、全てのチームでスタメンに定着。どんな苦境の立たされても、自らの実力と凄まじい努力で道を切り開き、ドイツの地で活躍し続けている。

 欧州五大リーグ初挑戦ながら、ヘルタ・ベルリンでスタメンを勝ち取った原口の市場価値は、在籍時に350万ユーロ(約4.2億円)まで上昇。しかし、2.ブンデスリーガに移籍したことで、現在は250万ユーロ(約3億円)に下落している。30歳を迎えても所属クラブと日本代表の両方で主力に定着しているこの男は、今後の活躍次第ではまだまだ市場価値が上昇するだろう。

16位:次代を担う技巧派アタッカー</h2>

MF:三好康児(日本代表/ロイヤル・アントワープ)
生年月日:1997年3月26日(24歳)
市場価格:300万ユーロ(約3.6億円)
20/21リーグ戦成績:18試合出場/2得点1アシスト

 川崎フロンターレの下部組織在籍時、中学2年ながらU-18に飛び級。18歳でトップチームに昇格し、Jリーグデビューを果たしたエリートだ。しかし、なかなかスタメンには定着できず、2018年にコンサドーレ札幌にレンタル移籍。翌年には横浜F・マリノスにレンタル移籍した。

 コンサドーレ札幌、横浜F・マリノスで実力を証明した三好康児は、2019年6月に日本代表に初選出。コパ・アメリカに挑む日本代表メンバーに名を連ねた。本大会で全試合に出場した三好は、グループリーグ第2戦のウルグアイ戦で2ゴール。この試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出された。

 コパ・アメリカでの活躍により、大会後の8月にベルギーのロイヤル・アントワープにレンタル移籍した。シーズン途中からの加入となったが、すぐにスタメンに定着すると国内カップ優勝に貢献。翌年、完全移籍を果たした。欧州へ移籍後、コンスタントに活躍を続ける三好の市場価値は右肩上がり。加入当初の130万ユーロ(約1.6億円)から300万ユーロ(約3.6億円)まで上昇している。今季もスタメンに定着しているこの男の評価は、これからまだまだ上昇していくだろう。