25位:世界最強と渡り合ったCB

 100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高い日本人は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングの最新版を紹介する。※市場価値、成績は10月4日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

—————————–

DF:昌子源(日本代表/ガンバ大阪)
生年月日:1991年7月15日(30歳)
市場価格:180万ユーロ(約2.2億円)
2020リーグ戦成績:18試合0得点1アシスト

 ガンバ大阪ジュニアユース加入当時、センターフォワードでプレーしていた昌子源は、中学3年次にジュニアユースを退団し、高校に進学した。そこでセンターバックにコンバートされると才能が開花。U-19日本代表候補として招集されるまでに成長し、卒業後、鹿島アントラーズに加入した。

 加入後、徐々に出場機会を増やしていった昌子は、2014シーズンにスタメンに定着。リーグ戦全試合に出場し、Jリーグ優秀選手賞を受賞した。2016年に開催されたFIFAクラブワールドカップ決勝では、クリスティアーノ・ロナウドら擁するレアル・マドリード相手に奮闘。敗戦こそしたものの、名だたるスター選手と渡り合った。

 世界最高の選手たちと渡り合った昌子は、2019年1月にフランスのトゥールーズに移籍した。欧州初挑戦ながらすぐにスタメンを勝ち取ったが、2シーズン目には度重なる怪我や監督交代により出場機会が減少。昨季2月にJリーグ復帰を決断した。トゥールーズへの移籍でこのDFの市場価値は380万ユーロ(約4.6億円)まで上昇したが、今では180万ユーロ(約2.2億円)に下落。フランスでの怪我以降、思うような活躍が出来ていないこの男の市場価値は、年々下落し続けている。

24位:怪我に苦しむ孤高の天才

MF:清武弘嗣(元日本代表/セレッソ大阪)
生年月日:1989年11月12日(31歳)
市場価格:180万ユーロ(約2.2億円)
20/21リーグ戦成績:33試合出場/8得点8アシスト

 大分トリニータが生んだ孤高の天才。清武弘嗣は、2010年にドルトムントへ移籍した香川真司の穴を埋める存在としてセレッソ大阪に移籍した。2012年にはエースナンバーの8番を継承し、圧倒的な攻撃センスでチームを牽引。Jリーグで無双したこの男は、同年にドイツのニュルンベルクに移籍を果たした。

 ブンデスリーガでも華麗なテクニックとパススキルを武器に圧倒的な活躍を見せた清武は、その後ハノーファーを経てリーガエスパニョーラの強豪、セビージャへ移籍。シーズン開幕前のUEFAスーパーカップにフル出場するなど、地元ファンからも大きな期待が寄せられた。しかし、シーズン開幕後にサミル・ナスリが加入すると出場機会は減少。周囲の期待に応えられず、シーズン途中でセレッソ大阪への復帰を決断した。

 類稀な才能を持ち、日本代表を牽引する存在になると期待された清武の市場価値は、ニュルンベルク在籍時に自己最高の1000万ユーロ(約12億円)を記録。しかし、その後は度重なる怪我やセビージャでの不遇により、Jリーグに復帰した際には350万ユーロ(約4.2億円)まで下落した。そして復帰後も怪我に悩まされ続けたこの男の市場価値は現在、180万ユーロ(約2.2億円)まで落ちている。

23位:元JリーグMVP

FW:仲川輝人(日本/横浜F・マリノス)
生年月日:1992年7月27日(29歳)
市場価格:190万ユーロ(約2.2億円)
2020リーグ戦成績:18試合2得点6アシスト

 2015年に横浜F・マリノスへ加入するも、当初は大学時代に負った大怪我から復帰したばかりだったということもあり、なかなか試合には絡めなかった。しかし、FC町田ゼルビアやアビスパ福岡へのレンタル移籍を経験し着実に成長。その結果、2018シーズンよりマリノスで主力を張ることになった。

 翌2019シーズンの輝きはJリーグファンならば記憶に残っていることだろう。小柄なアタッカーは開幕から好調を維持し、最終的にリーグ戦15得点13アシストを記録。得点王とJリーグMVPを獲得することになった。その活躍もあり、同年には日本代表デビューも達成。市場価格は280万ユーロ(約3.4億円)にまで上昇していた。

 しかし、昨季は怪我に悩まされリーグ戦出場はわずか18試合。得点数も「2」に留まってしまった。そして今季も途中で負傷離脱してしまうなど、ゴール数は伸びておらず。その影響か、現在の市場価格は190万ユーロ(約2.2億円)に落ち着いている。持っている能力は確かなものがあるだけに、ここから再びギアをトップに入れてほしいところだが…。

22位:ノリに乗る韋駄天

FW:古橋亨梧(日本代表/セルティック)
生年月日:1995年1月20日(26歳)
市場価格:200万ユーロ(約2.4億円)
2020リーグ戦成績:21試合15得点2アシスト(ヴィッセル神戸)

 中央大学卒業後にFC岐阜へ加入。そこからの成長ぶりは凄まじいものがあった。プロ1年目からリーグ戦全試合で先発起用され、6得点9アシストを記録。2年目には7月末の時点で同11得点をマークするなど絶好調をアピールしていた。その活躍が評価され、2018年の夏にヴィッセル神戸への個人昇格を掴み取っている。

 古橋亨梧の勢いは神戸で落ちるどころかさらに加速した。初先発試合でゴールを奪うと、以降はスタメンに定着。2019シーズンと2020シーズンにはリーグ戦で二桁得点を記録し、今季は夏の時点でキャリアハイとなる同15得点をマークしていた。日本代表にも継続して名を連ねるようになり、市場価格も現在は自己最高の200万ユーロ(約2.4億円)に到達。まさにノリに乗っている。

 ただ、古橋の評価は今後またさらに上がってくだろう。今夏移籍したセルティックで早くもゴールを大量生産しており、すでにレギュラーの座を確固たるものとしているからだ。引き続き、日本が誇る韋駄天に注目していきたい。

21位:最高値から約3億円ダウンしたが…

MF:森岡亮太(日本/シャルルロワ)
生年月日:1991年8月12日(30歳)
市場価格:220万ユーロ(約2.6億円)
20/21リーグ戦成績:28試合2得点7アシスト

 ヴィッセル神戸で台頭した森岡亮太が初めて海外挑戦を決断したのは2015年。行き先はポーランドのシロンスク・ヴロツワフだった。その2年後にはベルギーのワースラント=ベフェレンへ移籍。ここではリーグ戦12試合を消化した時点で6得点了7アシストを記録するなど大活躍を果たした。

 そして2018年冬にはベルギーの強豪アンデルレヒトへの移籍を掴み取る。加入後はリーグ戦6試合で3得点3アシストを記録し、プレーオフでも3得点をマークするなど非凡なパフォーマンスを披露。当然、評価は右肩上がりで、市場価格は一時500万ユーロ(約6億円)にまで上昇していた。

 しかし、2018/19シーズンは出場機会が激減。その影響で同シーズン途中にシャルルロワへレンタルし、シーズン終了後に完全移籍することになった。同クラブでは加入後すぐにレギュラーに定着し、現在も活躍しているが、やはり強豪アンデルレヒト時代から市場価格は減少。現在は自身最高値の半額以下となる220万ユーロ(約2.6億円)に落ち着いている。