リーガ・エスパニョーラ第9節の4試合が現地時間17日に各地で行われた。バルセロナはバレンシアをホームに迎え、セビージャはアウェイでセルタと対戦している。

 開幕8試合で勝ち点13と幸先の良い出だしを見せているラージョ・バジェカーノは、エルチェに先制を許した。しかし、マリオ・エルナンデスのゴールで26分に追いつくと、65分にはランディ・エンテカが逆転ゴールを決めた。ラージョが2-1で勝利している。

 セルタ対セビージャは0-0で前半を終えた。後半早々にセビージャが2枚替えを行うと、その直後にラファ・ミルのゴールで先制。この1点を守り切ったセビージャが、今季5勝目を挙げている。

 ビジャレアルはホームにオサスナを迎えた。26分に先制を許したが、55分にジェラール・モレノのゴールでビジャレアルが追いつく。1-1のまま試合は終盤に突入したが、チミー・アビラが87分に決勝ゴールを決めてオサスナが勝ち越し。ビジャレアルは今季初黒星を喫している。

 バレンシアはバルセロナから開始5分で先制点を奪った。しかし、13分にアンス・ファティがゴールを決めて同点に追いつくと、41分にはメンフィス・デパイのPKを決めて2-1で前半を終えた。85分にはファティと交代で入ったフィリッペ・コウチーニョの今季初ゴールで1点を追加し、バルセロナがバレンシアを3-1で撃破している。

【結果一覧】
ラージョ・バジェカーノ 2-1 エルチェ
セルタ 0-1 セビージャ
ビジャレアル 1-2 オサスナ
バルセロナ 3-1 バレンシア