35位:日本屈指のダイナモ</h2>

 100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高い日本人は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングの最新版を紹介する。※市場価値、成績は9月28日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

—————————–

MF:山口蛍 (日本/ヴィッセル神戸)
生年月日:1990年10月6日(31歳)
市場価格:140万ユーロ(約2.2億円)
20/21リーグ戦成績:34試合出場/6得点2アシスト

 セレッソ大阪U-18でキャプテンを務めた山口蛍は、リーグMVPに選出される活躍でJFAプリンスリーグU-18関西優勝に貢献。翌年トップチームに昇格し、プロデビューを果たした。クラブでの出場機会は少なかったが、2012年にはロンドン五輪に出場。全試合にフル出場し、メキシコ五輪以来、44年ぶりのベスト4進出に貢献した。

 ロンドン五輪後、セレッソ大阪でも主力となった山口は、日本屈指のダイナモに成長。2013年に日本代表に初招集されると、2014FIFAワールドカップに出場した。豊富な運動量とアグレッシブな守備で相手のチャンスの芽を摘むこのMFは、全試合に出場したが結果はグループリーグ敗退。しかし、世界に自らの実力を示したこの男の市場価値は150万ユーロ(約1.8億円)に上昇し、2016年1月にハノーファーへの移籍を果たした。

 シーズン途中からの加入となったが、代表戦での怪我によりリーグ戦出場は6試合のみ。クラブの思うような結果が出ず、2部リーグに降格が決定。シーズン終了後には、移籍後半年でのセレッソ大阪復帰を決断した。復帰後、2019年にヴィッセル神戸に移籍した山口は、自己最高の200万ユーロ(約2.4億円)を記録。しかし、その後は下落が続き、現在の140万ユーロ(約2.2億円)まで市場価値を落としている。

34位:4年ぶりにJリーグ復帰したDF</h2>

DF:塩谷司(日本/サンフレッチェ広島)
生年月日:1988年12月5日(32歳)
市場価格:150万ユーロ(約1.8億円)
20/21リーグ戦成績:25試合出場/2得点1アシスト(アル・アイン)

 2021年10月、4年ぶりのJリーグに復帰した塩谷司は、大学卒業の際にはJリーグクラブから声がかからなかった。しかし、2011年に大学在学時のコーチ、柱谷哲二が水戸ホーリーホックの監督に就任すると同クラブに誘われ、加入した。

 1年目の開幕節からスタメン出場した塩谷は、累積警告で欠場した3試合を除き、リーグ戦35試合全てにスタメン出場。翌年のDFリーダーとしてチームを牽引したこの男は、その活躍が認められ、2012年8月にサンフレッチェ広島に移籍を果たした。ここでもすぐにスタメンに定着したこのDFは、リーグ2連覇に貢献。2015年にも再びリーグ優勝したこの男は、2017年にアル・アインに移籍した。

 移籍初年度からリーグ優勝に貢献した塩谷は、18/19シーズンにFIFAクラブワールドカップ決勝でレアル・マドリードと対戦。惜しくも敗れたが、1ゴールを決めたこのDFの市場価値は、250万ユーロ(約3億円)に上昇した。しかし、その後は下落傾向。昨季いっぱいで契約も満了し、今年10月にサンフレッチェ広島へ4年ぶりの復帰を決断した。

33位:鹿島の血が流れる男</h2>

MF:土居聖真(日本/鹿島アントラーズ)
生年月日:1992年5月21日(29歳)
市場価格:150万ユーロ(約1.8億円)
20/21リーグ戦成績:31試合出場/6得点3アシスト

 鹿島アントラーズ一筋のこの男がトップチームに昇格したのは、2011年のこと。1年目のシーズン終盤にJ1デビューを果たしたが、スタメン定着には至らず、翌年もほとんどがベンチ外だった。しかし、2013シーズン後半に入るといきなりスタメンに定着。2014年にはリーグ戦全試合に出場し、自身最多の8ゴールを記録した。

 そして2015年、小笠原満男や野沢拓也らが付けた背番号8を継承。常勝軍団を牽引し、同年に Jリーグヤマザキナビスコカップ(現 JリーグYBCルヴァンカップ)優勝に貢献した。さらに翌年はJリーグと天皇杯の2冠、17/18シーズンは悲願のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)優勝を達成。2019シーズンには、Jリーグ優秀選手に選出され、市場価値は自身最高の230万ユーロ(約2.8億円)を記録した。

 しかし、その後は一変し下落続き。チームも結果が出ず、昨季はACL出場圏外の5位に終わった。今季もすでにシーズン終盤も迎えたいるが、鹿島アントラーズは現在3位と勝ち点7差の6位に沈んでいる。だが、状況は厳しいが3位以内に入る可能性は残っている。チームを牽引する背番号8は、ここから3位フィニッシュへ導くことが出来るだろうか。

32位:Jリーグ屈指の点取り屋</h2>

FW:小林悠(日本/川崎フロンターレ)
生年月日:1987年9月23日(34歳)
市場価格:150万ユーロ(約1.8億円)
20/21リーグ戦成績:27試合出場/14得点4アシスト

 大学3年次、水戸ホリーホックの特別指定選手として登録された小林悠は、同年J2で5試合に出場。しかし、卒業後は同クラブではなく、川崎フロンターレに加入した。1年目は怪我により開幕から出遅れたが、第22節の横浜F・マリノス戦に途中出場し、J1デビュー。翌シーズンは出場した32試合の内、半分出場だったが驚異的な決定力で12得点をマーク。自身初の2桁得点を決めた。

 その後、スタメンに定着した小林は得点を量産。2017年には23得点をあげる活躍で自身初のリーグ得点王、Jリーグ最優秀選手に輝き、川崎フロンターレを悲願のリーグ優勝に導いた。さらに翌年も15得点を決め、Jリーグ2連覇に貢献したこのFWの市場価値は、270万ユーロ(約3.2億円)に上昇。2シーズンに渡り圧倒的な活躍を見せ、一気に評価を高めた。

 2020年にはジュニーニョが記録していたJ1クラブ最多得点記録を更新。同年も14得点を決め、3度目のJリーグ優勝に貢献したが、市場価値は下落。パフォーマンスが落ちているわけではないため、30歳を超えた年齢によるところが大きいだろう。34歳を迎えた小林は、今季も10得点を決めている。キャリア終盤を迎えているが、あとどれだけのゴールを決めるのだろうか。

31位:ラ・リーガ、アジア最多出場記録樹立も…</h2>

MF:乾貴士(日本/セレッソ大阪)
生年月日:1988年6月2日(33歳)
市場価格:150万ユーロ(約1.8億円)
20/21リーグ戦成績:28試合出場/1得点0アシスト(エイバル)

 高校在学時、セクシーフットボールで日本中に旋風を巻き起こし、第84回全国高等学校サッカー選手権を優勝した。卒業後は横浜F・マリノスに入団したが、約2年間でJリーグ出場は7試合に止まり、当時J2のセレッソ大阪に移籍。同クラブで頭角を現した乾は、2011年に2.ブンデスリーガ(2部相当)のボーフムに移籍し、欧州リーグへ挑戦した。

 ボーフムで実力を示しすと翌年、1年ぶりのブンデスリーガ昇格を決めたフランクフルトに移籍した。ドイツで結果を残した乾は、2015年にはリーガ・エスパニョーラのエイバルに活躍の場を移すと、2018年には強豪のレアル・ベティスに移籍。この移籍により、市場価値は一気に750万ユーロ(約9億円)まで上昇した。しかし、やはりラ・リーガの強豪クラブでのスタメン定着は難しく、出場機会減少とともに市場価値も急降下。7か月で3億円下落した。

 2019年にはエイバルに復帰して再起を狙うも、調子は上向かずに市場価値の下落し続けた。そして昨季いっぱいで契約が満了すると、今年8月に10年ぶりのJリーグ復帰を決断。古巣のセレッソ大阪に移籍を決断した。復帰後、すぐにスタメンの座を掴んだ乾は、再び輝きを取り戻すことが出来るだろうか。