45位:2度の海外移籍が失敗に…

 100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高い日本人は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングの最新版を紹介する。※市場価値、成績は9月28日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

—————————–

FW:宇佐美貴史(日本代表/ガンバ大阪)
生年月日:1992年5月6日(29歳)
市場価格:120万ユーロ(約1.4億円)
2020リーグ戦成績:30試合6得点5アシスト

 幼い頃から「天才」として注目を浴びていた宇佐美貴史は、2009年に高校2年次ながらガンバ大阪のトップチームに昇格。そのわずか2年後にはドイツの強豪バイエルン・ミュンヘン移籍を掴み取るなど、驚異的なステップアップを遂げていた。しかし、世界各国のスターが集まるバイエルンでは出場機会を得られず。2012年より所属したホッフェンハイムでもプレータイムは限られてしまった。

 2013年から2016年までは再びG大阪でプレー。ここでは国内三冠の立役者となるなど大活躍を果たし、その市場価値はキャリア最高となる250万ユーロ(約3億円)に到達していた。しかし、その後再びドイツへ活躍の場を移すも、これが失敗。アウクスブルク、デュッセルドルフでそれぞれインパクトを残すことができず、評価を一気に落とすことになっている。

 2019年に2度目のG大阪復帰を果たした宇佐美は現在も同クラブでプレー。しかし、かつての輝きは影を潜めており、市場価値も120万ユーロ(約1.4億円)に落ち込んでいる。

44位:川崎Fのベテラン

MF:家長昭博(元日本代表/川崎フロンターレ)
生年月日:1986年6月13日(35歳)
市場価格:120万ユーロ(約1.4億円)
2020リーグ戦成績:29試合11得点4アシスト

 今年で35歳となったベテランMFだ。ガンバ大阪でプロデビュー後、大分トリニータ、セレッソ大阪、マジョルカ、蔚山現代、大宮アルディージャと様々なクラブでプレーし、経験を積んできた。とくに大宮での活躍ぶりは印象的で、2016シーズンにはクラブ史上最高成績となるJ1年間5位の原動力となっていた。

 しかし、そんな家長昭博が最も輝いた場所と言えば現在も所属する川崎フロンターレだろう。1年目でクラブのJ1初優勝に貢献すると、2年目の2018シーズンにはリーグ連覇の立役者となり、同シーズンのベストイレブンに輝いただけでなく最優秀選手賞(MVP)も受賞している。その活躍もあり、市場価値は30代にしてキャリア最高の200万ユーロ(約2.4億円)にまでアップしていた。

 そんな家長の現在の市場価値は120万ユーロ(約1.4億円)にまで下落。ただ、これは年齢による影響が大きいと言えるだろう。川崎Fでは相変わらず絶対的な存在としてプレーしており、パフォーマンスも実に非凡である。

43位:ドイツで苦戦中の若きアタッカー

MF:遠藤渓太(日本/ウニオン・ベルリン)
生年月日:1997年11月22日(23歳)
市場価格:130万ユーロ(約1.6億円)
20/21リーグ戦成績:16試合1得点0アシスト

 横浜F・マリノスの下部組織出身である遠藤渓太は2016年にトップチームへ正式昇格。加入当初から出場機会に恵まれたわけではないが、2018シーズンにはニューヒーロー賞に選出され、その翌年にはキャリアハイとなるリーグ戦7得点9アシストを記録しチームの優勝に貢献するなど、シーズンを重ねるごとに着実に成長を果たしてきた。

 マリノスで自信を手にした遠藤は昨年夏にウニオン・ベルリンへレンタル移籍し欧州初挑戦を決断。しかし、よりレベルの高いドイツでは出場機会に恵まれず、苦労を味わった。結果的に今年4月に完全移籍を掴み取るものの、やはり今シーズンもアピールの場はほぼ設けられていない。

 遠藤の市場価値は右肩上がりで、リーグ優勝に貢献した2019シーズン終了後には70万ユーロ(約8400万円)から一気に160万ユーロ(約1.9億円)にまで膨れ上がっていた。しかし、上記した通りウニオン・ベルリンでインパクトを残せておらず、現在は120万ユーロ(約1.4億円)に落ち着いている。

42位:北の大地で育ったCB

DF:進藤亮佑(日本/セレッソ大阪)
生年月日:1996年6月7日(25歳)
市場価格:130万ユーロ(約1.6億円)
20/21リーグ戦成績:21試合0得点1アシスト(北海道コンサドーレ札幌)

 進藤亮佑は2012年に北海道コンサドーレ札幌U-18に入団し、2014年にトップチームの一員となっている。J1初挑戦となった2017シーズンは出場がわずか7試合と苦労を味わったが、翌2018シーズンにはミハイロ・ペトロヴィッチ監督にその才能を見出され、スタメンに定着。そのシーズンはリーグ戦全試合フル出場達成という素晴らしい成績を残し、大きく評価を高めた。

 その進藤は2019シーズンも主力として働き、守備だけでなく9月の時点で6得点をマークするなど攻撃面でも存在感を誇示。そうした活躍が認められ、同年11月には出番こそなかったが日本代表初招集を果たすことになった。市場価値も上昇し、2019年12月の時点では190万ユーロ(約2.3億円)を記録していた。

 しかし、今季より所属するセレッソ大阪で苦戦中。開幕からベンチが続き、ようやくスタメンに定着と思いきや負傷離脱するなど、なかなか試合に絡めていない。その影響もあり、市場価値は現在130万ユーロ(約1.6億円)にまで下落してしまった。

41位:今季より海外挑戦のMF

MF:川辺駿(日本代表/グラスホッパー)
生年月日:1995年9月8日(26歳)
市場価格:130万ユーロ(約1.6億円)
2020リーグ戦成績:34試合3得点4アシスト(サンフレッチェ広島)

 2014年にサンフレッチェ広島のトップチームに昇格したが、評価を高めるキッカケになったのは2015年、ジュビロ磐田へのレンタル移籍だ。元日本代表MF名波浩監督の指導を受けた川辺駿はレギュラーとしてチームを支え、J1昇格などに貢献してきた。

 その活躍もあり2018年に古巣・広島へ復帰。当初はベンチスタートがほとんどだったが、2019シーズンよりスタメン定着を果たしJリーグ屈指のMFへと成長。今年3月には国際親善試合およびFIFAワールドカップカタール2022・アジア2次予選に臨む日本代表メンバーに選出され、出場も果たしている。

 そんな川辺は今季より活躍の場をスイスのグラスホッパーへと移している。ゴールはまだないが、すでに多くの出場機会は得ている。市場価値は昨年4月から変わらず130万ユーロ(約1.6億円)となっているが、この調子でいけばその金額はさらに伸びるだろう。