50位: 名古屋グランパスの門番</h2>

 100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高い日本人は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングの最新版を紹介する。※市場価値、成績は9月28日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

—————————–

DF:中谷進之介(日本/名古屋グランパス)
生年月日:1996年3月24日(25歳)
市場価格:120万ユーロ(約1.4億円)
20/21リーグ戦成績:31試合出場/1得点0アシスト

 柏レイソルの下部組織出身の中谷進之介は、高校2年次にクラブ史上初のクラブユース選手権優勝に貢献。翌年にU-18でキャプテンに就任すると、その世代の先頭を走ってきた中谷は、同年7月にトップチームに2種登録された。2014年にトップチームに昇格するとシーズン終盤にはスタメンに抜擢され、リーグ7連勝に貢献。3年目の2016シーズンには、スタメンに定着した。

 DFリーダーとして頭角すると、同年に開催されたリオデジャネイロ五輪にバックアップメンバーとして帯同。飛躍のシーズンとなったこの年は、リーグ戦31試合に出場し、Jリーグ優秀選手に選出された。だが、2018シーズンには状況が一変。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)による過密日程の中、徐々に出番を減らしていった中谷は、幼少期から過ごした柏レイソル退団を決断。名古屋グランパスへ移籍した。

 移籍直後からスタメンに定着した中谷は、2年連続で全試合出場に出場。2020シーズンにはリーグ最少失点に貢献し、ACL出場権内の3位フィニッシュに貢献した。今年6月には日本代表に初招集など、名古屋グランパスで飛躍したこのDFの市場価値は、自己最高の125万ユーロ(約1.5億円)に到達。一時は下落したが、再び120万ユーロ(約1.4億円)まで上昇している。今季タイトルを獲得できれば、さらに上昇するだろう。

49位:常勝軍団を支えるCB</h2>

DF:犬飼智也(日本/鹿島アントラーズ)
生年月日:1993年5月12日(28歳)
市場価格:120万ユーロ(約1.4億円)
20/21リーグ戦成績:24試合出場/5得点0アシスト

 幼少期から清水エスパルスの下部組織で過ごした犬飼智也は、2012年にトップチームに昇格。しかし、なかなか出場機会が得られず、2013年6月に松本山雅FCに期限付き移籍した。シーズン途中からの加入だったが、すぐにスタメンに定着。移籍期間を延長した翌年には、リーグ戦42試合すべてフル出場は果たし、クラブ初のJ1昇格に貢献した。

 その後、2015年に清水エスパルスに復帰したがその年にJ2に降格した。1年でJ1に復帰後、2018年に鹿島アントラーズに移籍。加入当初はベンチメンバーだったが、同年に昌子源がトゥールーズに移籍するとスタメンに定着した。加入1年目からAFCチャンピオンズ(ACL)優勝に貢献。この1年で市場価値は一気に上昇し、自己最高の150万ユーロ(約1.8億円)を記録した。

 2年目以降、犬飼は代えの効かない存在となっているが、クラブの成績が下がるとともに市場価値も下落。120万ユーロ(約1.4億円)まで下がっている。今季も後方からチームを支えているが、9月に入り左ハムストリング筋損傷により負傷から全治約6週間の離脱を余儀なくされた。厳しいシーズンとなっているが、常勝軍団の成績上昇に伴い、このDFの市場価値も上昇していくだろう。

48位:昨季はスタメン定着も…</h2>

DF:室屋成(日本代表/ハノーファー)
生年月日:1994年4月5日(27歳)
市場価格:120万ユーロ(約1.4億円)
20/21リーグ戦成績:32試合出場/0得点4アシスト

 2015年にFC東京の特別指定選手に登録された室屋成は、翌年に大学在学中ながらFC東京に加入。同年に開催されたリオデジャネイロ五輪でグループリーグ全試合にフル出場した室屋は、FC東京ですぐにスタメンを確保し、1年目から出場した12試合すべてでフル出場を果たした。

 翌年には、EAFF E-1サッカー選手権2017に向けた日本代表に招集され、北朝鮮戦でA代表デビューを飾った。順調にステップアップした室屋は、2019年にJリーグベストイレブンに初選出され、同年に自己最高となる130万ユーロ(約1.6億円)を記録。そして翌年、2.ブンデスリーガに所属するハノーファーに移籍した。

 初の海外挑戦となったハノーファーでも、1年目から攻守に貢献する献身的なハードワークや対人での強さを武器に活躍。加入後すぐにスタメンの座を掴むと、不動の存在となった。しかし今季は6節以降、出場機会が減っている。昨季ドイツで実力を示した室屋は、再びスタメンに返り咲き、さらなるステップアップを果たせるだろうか。

47位:欧州で活躍した男はいま…</h2>

FW:久保裕也(日本/FCシンシナティ)
生年月日:1993年12月24日(27歳)
市場価格:120万ユーロ(約1.4億円)
20/21リーグ戦成績:16試合出場/2得点0アシスト

 2011年に京都サンガF.C.でプロデビューを果たした久保裕也は、2013年にスイスのBSCヤングボーイズに移籍。デビューからわずか3年で海外移籍を果たした。欧州5大リーグに劣るとはいえ、 BSCヤングボーイズはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)やUEFAヨーロッパリーグ(EL)常連。出場機会は少ないかに思えたが、持ち前のスピードとキレ味鋭いドリブルを武器に、すぐに主力に定着した。

 スイスで実力を証明し、評価を高めた久保は、その後ヘンクに移籍。ベルギーの地でさらに評価を高めた。シーズン途中の加入ながら、リーグ戦7試合5得点と鮮烈なデビューを飾ったこのFWの市場価値は、加入後半年で一気に300万ユーロ(約3.6億円)上昇。自己最高の500万ユーロ(約6億円)を記録した。しかし、2018年に1.FCニュルンベルクにレンタル移籍すると、結果を残すことができず価格も下落している。

 翌年にはヘンクに復帰したが、シーズン後半になるとまさかのベンチ外。出場機会を求めて2020年1月にアメリカのFCシンシナティに移籍した。ここで久保は新たな才能を発揮している。FWではなくボランチにコンバートされるとすぐにスタメンに定着。新たな境地を見出した。市場価値は下落を続けているが、新境地で再起を狙う。

46位: 在籍12年目を迎えるベテランCB</h2>

DF:丸橋祐介(日本/セレッソ大阪)
生年月日:1990年9月2日(31歳)
市場価格:120万ユーロ(約1.4億円)
20/21リーグ戦成績:31試合出場/1得点4アシスト

 今年で12年目を迎えた丸橋祐介は、2010年にJ1デビュー。2010FIFAワールドカップによる中断明け後に頭角し、スタメンの座を掴むと左サイドバックを不動のものとした。2014シーズンはチームとして結果が出ずJ2に降格したが、セレッソ大阪に残留し、2年でのJ1復帰に貢献している。
 
 J1に復帰すると自己最高のシーズン11アシストを記録。初の2桁アシストでチームを献身し、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)圏内の3位フィニッシュに大きく貢献した。翌年にはクラブ史上初の JリーグYBCルヴァンカップと天皇杯の2冠を達成。自身としてもプロデビュー後、初のタイトルを獲得した。

 この活躍により、2019年には市場価値が自己最高となる160万ユーロ(約1.9億円)に到達。J1復帰後、目覚ましい活躍を見せ、2年で950万ユーロ(約1.1億円)上昇した。しかし、新型コロナウイルスの影響などもあり、翌年には下落。さらに今年も下落は続き、現在は120万ユーロ(約1.4億円)で落ち着いている。