ボルシア・ドルトムントは現地時間23日に行われたブンデスリーガ第9節の試合でアルミニア・ビーレフェルトと対戦し、アウェイで3-1の勝利を収めた。イングランド代表MFジュード・ベリンガムはこの試合で驚異的な個人技からスーパーゴールを記録している。

 エースのノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランドを負傷で欠きながらも、ドルトムントは前半から優位に試合を進める。エムレ・ジャンのPKとマッツ・フンメルスのゴールで2点のリードを奪って折り返した。

 そして72分、勝利を決定づけたベリンガムの3点目はまさに魔法のような一撃。エリア手前左側でボールを受けたベリンガムは、シュートフェイントからの切り返しで1人目のDFをかわすと、ゴール前の密集に飛び込む動きから鋭い方向転換でさらに2人を抜き去る。最後は柔らかなシュートでGKを破ってネットを揺らした。

 イングランド2部のバーミンガムから昨季ドルトムントに加入したベリンガムは、17歳だった昨季から先発に定着してリーグ戦29試合に出場。今季も不動のレギュラーとして全試合に先発し、18歳とは思えないプレーを披露し続けている。

 終盤には1点を返されたドルトムントだが3-1で勝利を収め、これで3連勝。今季も首位を走る絶対王者バイエルン・ミュンヘンを1ポイント差で追走している。