60位:名古屋グランパスの心臓

 100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高い日本人は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングの最新版を紹介する。※市場価値、成績は9月28日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

—————————–

MF:稲垣祥(日本代表/名古屋グランパス)
生年月日:1991年12月25日(29歳)
市場価格:110万ユーロ(約1.3億円)
20/21リーグ戦成績:34試合出場/3得点2アシスト

 大学卒業後、ヴァンフォーレ甲府に加入した稲垣祥は、抜群の持久力と献身的なプレーで初年度から主力に定着。2シーズン目からはスタメンに定着し、中盤を支えた稲垣は、2017年1月にサンフレッチェ広島に移籍した。1年目は出場機会が少なく挫折を味わったが、第33節のFC東京戦でチームの2点目を決めて残留に貢献。翌年からスタメンに定着した。

 代えの効かない存在となった2年目には、リーグ戦33試合に出場。リーグ2位となったチームの中盤の要となり、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権獲得に貢献した。この年の活躍により市場価値は急上昇。しかし、2019シーズンいっぱいで契約満了となった稲垣は、2020年1月に名古屋グランパスに加入している。

 マッシモ・フィッカデンティ監督の下、再建を図るチームでは1年目からスタメンに定着。リーグ戦全34試合フル出場し、豊富な運動量と献身的な守備でリーグ最少失点に貢献した。すると翌年、FIFAワールドカップカタール2022アジア2次予選兼AFCアジアカップ中国2023予選のモンゴル戦で日本代表デビュー。いきなり2得点を決める活躍を見せた。今季もここまで33試合全てにフル出場している稲垣の市場価値は、自己最高の110万ユーロ(約1.3億円)となっている。

59位:ガンバ大阪の万能型CB</h2>

DF:三浦弦太(日本/ガンバ大阪)
生年月日:1995年3月1日(26歳)
市場価格:110万ユーロ(約1.3億円)
20/21リーグ戦成績:20試合出場/2得点1アシスト

 全国高等学校サッカー選手権大会でベスト4に進出し、大会優秀選手に選出された三浦弦太は、卒業後に清水エスパルスに加入した。加入後はなかなか出場機会が掴めず、苦悩のシーズンが続いたが、J2に降格した2016シーズンに主力に定着。リーグ戦29試合に出場し、1年でのJ1復帰に貢献した。

 翌年、ガンバ大阪に移籍した三浦は、1年目からリーグ戦全試合にフル出場。同年12月に行われた、EAFF E-1 サッカー選手権 2017中国戦では日本代表デビューを果たした。ガンバ大阪で守備の要となり、急成長を遂げたこのDFは、2018シーズンからキャプテンに務め、チームを牽引。加入後2年間で市場価値も急上昇し、2019年12月には自己最高となる140万ユーロ(約1.7億円)を記録した。

 しかし、翌シーズンは怪我によりリーグ戦出場は20試合に止まり、市場価値も110万ユーロ(約1.3億円)に下落した。復帰後もベンチ外が続いたが、リーグ終盤にスタメンに復帰。リーグ2位フィニッシュに貢献している。今季も守備の要となっている三浦の市場価値は、現在110万ユーロ(約1.3億円)。自己最高額から下落後は落ち着いているが、再び日本代表に返り咲き、自己最高額を更新できるだろうか。

58位:自己最高額更新は…</h2>

MF:喜田拓也(日本/横浜F・マリノス)
生年月日:1994年8月23日(27歳)
市場価格:110万ユーロ(約1.3億円)
20/21リーグ戦成績:30試合出場/0得点0アシスト

 横浜F・マリノスの下部組織に在籍時、各世代代表に招集された喜田拓也は、2013年にトップチームに昇格。2014シーズンは、J3に参加したJリーグ・アンダー22選抜に登録され、リーグ戦9試合に出場した。すると翌シーズンには横浜F・マリノスでスタメンに定着。シーズン24試合に出場し、J1の舞台で頭角を現した。

 スタメン定着以降は、2016シーズン第1ステージ、第7節のジュビロ磐田戦でJ1初ゴールを決めるなど、クラブの中心選手に成長。2019シーズンは、累積警告で欠場した第27節のベガルタ仙台戦を除く、33試合にスタメン出場した。シーズン後半にはキャプテンを任され、クラブ4度目のJリーグ優勝に貢献している。

 トップチームに昇格以降、徐々に市場価値がアップしていた喜田は、リーグ優勝した2019年に自己最高の130万ユーロ(約1.56億円)を記録。翌年は、新型コロナウイルスの影響や9位に順位を落としたことで下落したが、今季に入り再び上昇している。現在は110万ユーロ(約1.3億円)で落ち着いているが、自己最高額に戻り、更新していく日も近いだろう。

57位:移籍を機に価格が上昇したが…</h2>

DF:岩波拓也(日本/浦和レッズ)
生年月日:1994年6月18日(27歳)
市場価格:110万ユーロ(約1.3億円)
20/21リーグ戦成績:23試合出場/0得点1アシスト

 ヴィッセル神戸の下部組織出身の岩波拓也は、高校2年次の2011年にトップチームに2種登録されると、翌年にトップチームに昇格。同年の第29節、清水エスパルス戦でJ1デビューを果たしたが、チームはJ2に降格した。しかし、これを機に2013シーズンはスタメンに定着。リーグ戦33試合に出場し、1年でのJ1復帰に貢献した。

 J1復帰後もチームを後方から支えた岩波は、2016年にリオデジャネイロ五輪に出場するU-23日本代表に選出。しかし、オーバーエイジ(OA)として出場した塩谷司の存在もあり、本大会では出場が叶わなかった。大会後、ヴィッセル神戸で守備の要として活躍したこのDFは、2018年にフリーで浦和レッズに移籍となった。

 開幕当初はベンチを温める日々が続いたが、1年目のシーズン後半にはスタメンに定着。リーグは5位に終わったが、12年ぶり7度目の天皇杯優勝に貢献した。このシーズンの活躍により、市場価値は大幅に上昇したが、2019シーズンはリーグ14位、翌シーズンは10位とクラブが順位を落とすと、岩波の価格も下落していった。現在は110万ユーロ(約1.3億円)となっているが、今季5位に付けているクラブの復活とともに、価格も右肩上がりとなっている。

56位:一度は再起を果たすが…</h2>

DF:槙野智章(元日本代表/浦和レッズ)
生年月日:1987年5月11日(34歳)
市場価格:110万ユーロ(約1.3億円)
20/21リーグ戦成績:26試合出場/2得点0アシスト

 2006年にサンフレッチェ広島のトップチームに昇格した槙野智章は、2007シーズン後半に主力選手が怪我により欠場となるとスタメンに抜擢。突如巡ってきたチャンスを掴み、それ以降スタメンに定着した。同シーズンは16位に沈みJ2に降格したが、翌年もチームに残留しリーグ戦41試合7得点の活躍でJ2優勝。1年でのJ1復帰に貢献した。

 J1初年度も攻撃的なDFでチームを貢献した槙野は、リーグ戦33試合に出場し、自己最多となる8得点を決める活躍で4位フィニッシュに貢献した。サンフレッチェ広島でJリーグ屈指のDFに成長したこの男は、2011年1月に1.FCケルンに移籍。この移籍時には自己最高の200万ユーロ(約2.4億円)を記録していたが、ドイツでの不遇により価格が急降下。10ヵ月で半額の100万ユーロ(約1.2億円)まで下落した。

 2年でJリーグ復帰となった槙野は、浦和レッズで再起を果たす。2016年はJリーグYBCルヴァンカップ優勝、翌シーズンにはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)などタイトル獲得に貢献し、再び市場価格も自己最高額となった。しかし、2019年以降は下落が続いている。現在は110万ユーロ(約1.3億円)となっているが、さらに下落していく可能性も十分にあるだろう。