バルセロナのブラジル代表MFフィリッペ・コウチーニョが通算100試合目の出場を達成したとしても、前所属クラブのリバプールに多額のボーナスが支払われることはないようだ。スペインや英国の複数メディアが伝えている。

 コウチーニョは2018年1月にリバプールからバルセロナへ完全移籍。報道によれば移籍金1億2000万ユーロに加えてボーナス最大4000万ユーロ、合計1億6000万ユーロ(約212億円)という大型取引であり、現在でもネイマールとキリアン・ムバッペに次いでサッカー史上3位の移籍金となっている。

 そのボーナス部分に関しては、コウチーニョがバルセロナで公式戦100試合出場を達成した時点で2000万ユーロ(約26億5000万円)が支払われる契約条項が設定されていると言われ続けていた。移籍の噂や負傷離脱などで100試合の達成が危うい状況となるたびに、リバプールは多額の収入を逃すことになるとも懸念されていた。

 だが実際には、100試合出場時にリバプールにボーナスが支払われるという条項は存在していないという。両クラブの関係者が否定したと報じられている。

 英紙『ミラー』によれば、リバプールはコウチーニョがバルセロナで15試合に出場するたびに少額のボーナスを受け取っており、90試合出場の時点で受け取りは終了しているという。100試合目の出場という節目が新たな支払いに繋がることはないとされている。

 24日のレアル・マドリード戦に交代出場した時点で、コウチーニョはバルセロナでの出場数が通算99試合となった。100試合目となることが見込まれる27日のラージョ・バジェカーノ戦に向けて、バルセロナとしては経営面への影響を気にする必要はないようだ。