リバプールがホーム「アンフィールド」で完勝

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節、リバプール対アトレティコ・マドリードが現地時間3日に行われ、2-0でリバプールが勝利した。好調リバプールはアトレティコ・マドリードを圧倒。グループ4連勝を達成し、早くも首位通過を決めた。後半78分からは日本代表FW南野拓実も出場している。(文:安洋一郎)
—————————————–

 「試合はほぼ完璧で、自分たちが望んでいた通りになったよ」

 試合後、リバプールのユルゲン・クロップ監督はこのように試合を振り返った。10月20日のアトレティコ・マドリードとの前回対戦では、ゲームの進め方に苦言を呈していたクロップ監督だが、今節終了後は対照的にご満悦の様子だった。

 前半開始直後はアウェイのアトレティコ・マドリードが試合のペースを握り、セットプレーからはチャンスも作った。だが、敵地アンフィールドで優位に立ち続けるのは難しかった。

 13分、右サイドの深いところに入ったジョーダン・ヘンダーソンから丁寧なパスを受けたトレント・アレクサンダー=アーノルドが、ダイレクトでクロスを上げ、ディオゴ・ジョタが頭で合わせてリバプールが先制に成功。この試合で訪れた最初の決定機を確実に決めきった。

 そして21分、今度は左サイドでのスローインの流れからサディオ・マネが、高い推進力で中央のエリアにボールを運び、ヘンダーソンを経由してボールは再び右SBのアレクサンダー=アーノルドの元へ。エリア内に入れたシュート性の高速クロスをマネが左足で合わせて2点目を追加した。

 前半早々に2点のリード。しかし、2-0というスコアはリバプールにとって安心できるスコアではなかった。なぜなら前述したアトレティコとの前回対戦では、最終的には勝ち越すことになるが、2点リードから2-2に追いつかれている。加えて直近のプレミアリーグ、ブライトン戦でも同じように2-0から引き分けに持ち込まれていた。

 リバプールがダメ押しの3点目を狙う中、36分、アトレティコのフェリペが、カウンターからドリブル突破を試みていたマネを背後から足裏で蹴って止めたとして一発退場。これはリバプール陣内でのプレーであり、決定機阻止という訳ではなかったが、ボールに全くチャレンジをしていない危険なプレーと判断されてレッドカードが提示された。

 一発退場となったフェリペは1失点目、2失点目と続けてリバプールFWのマークを外して失点に絡んでおり、精神的にも追い込まれた状況で軽率なプレーをしてしまった。

 その後は終始リバプールが試合のペースを握った。終わってみればポゼッション率は73%、パスの本数もアトレティコの3倍以上を記録し、19本ものシュートを放った。だが、2点を奪われてからアトレティコは守護神オブラクを中心にゴールを割らせなかった。

 結果、前半に決まった2つのゴールをリバプールが守りきり、2-0で勝利。グループステージ4連勝を達成し、早くもグループ首位通過を決めた。これで残りのグループステージ2試合を控えメンバー中心で戦えることとなり、11月の代表ウィーク後、さらに過密日程となって行く中で大きな1勝となった。

アトレティコ守備陣を圧倒したリバプールの右サイド

 前回対戦でもカギを握ったリバプールの右サイドとアトレティコの左サイドの攻防。この試合に関してはリバプールが圧倒した。

 ゴールこそ決められなかったがエースのモハメド・サラーは圧巻のプレーを連発した。データサイト『Sofa Score』によると、両チーム合わせて最多となる6回のドリブル突破に成功。対峙したアトレティコDFマリオ・エルモソを手玉に取るシーンは何度も見られ、多くのチャンスを作り出していた。

 2アシストを記録したアレクサンダー=アーノルドのプレーも見事だった。前回対戦では、苦手としている1対1の対応で守備時に後手を踏んでいたが、この試合は終始アトレティコ陣内に押し込んでいたこともあり、守備の脆さは前半にヤニック・カラスコに突破を許したシーン以外は見られなかった。

 ゴールを演出した2つのクロスは、高い精度はもちろん、上げるタイミングも完璧だった。1つ目はダイレクト、2つ目もトラップをしてからすぐにシュート性の高速クロスを上げており、どちらもアトレティコ守備陣が準備できていないタイミングでのプレー選択だった。

 そして右のインサイドハーフに入ったジョーダン・ヘンダーソンのプレーも効いていた。直近までファビーニョが負傷離脱しており、ヘンダーソンは代わりに本職ではないアンカーのポジションに入ることが多かった。

 久々に本職での起用となったヘンダーソンは、右サイドで効果的にビルドアップに絡んだ。ゴールが生まれた2つの場面では、どちらも相手選手を自身に引きつけたタイミングでアレクサンダー=アーノルドにパスを出しており、フリーでクロスを上げさせることに大きく関与していた。

南野拓実プレーは…

 78分、南野拓実は左インサイドハーフで先発出場していたアレックス・オックスレイド=チェンバレンに代わって出場。そのまま左インサイドハーフのポジションでプレーした。

 現在、リバプールはナビ・ケイタ、ジェームズ・ミルナー、カーティス・ジョーンズ、ハーヴィー・エリオットが負傷離脱しており、中盤の台所事情はかなり厳しいものとなっている。その中で訪れた今季初の中盤起用だった。

 すぐにゲームに入ることに成功し、二度追い、三度追いができるプレッシングで何度かボールを奪い返すシーンも見られた。この攻守の切り替えの速さは、インテンシティの高いこの試合でも発揮できており、今後の起用法にも影響を与えそうなアピールとなった。

 85分、エリア内で南野がこぼれ球を押し込み、ゴールネットを揺らすが、その前のジョタのファウルを取られて惜しくもゴールとはならなかった。

 試合後、クロップ監督は「南野は明らかに調子が良い。みんなが見たように彼が出た時にチャンスもあった」と一定の評価をしている。

 中盤のケガ人事情が深刻な上に、この試合の終盤にはロベルト・フィルミーノが負傷交代となってしまった。ケガ人が多い現状のスカッドでは中盤、前線で南野の序列は上がっており、この状況を考えると、年末年始に向けた過密日程の中では、今季のこれまでと比較すると一定の出場機会を得ることができそうだ。

(文:安洋一郎)

【了】