ヨーロッパリーグ(EL)・グループリーグ第4節、フェレンツバロシュ対セルティックが現地時間4日に行われ、2-3でアウェイチームが勝利している。この試合では、日本代表FW古橋亨梧が大爆発。勝ち点3獲得の立役者となった。

 ワントップとして先発出場を果たした古橋は、開始わずか3分で大仕事。ショートカウンターからリエル・アバダのパスをペナルティーエリア内中央で受け、最後はDF2人に対応されながらもゴールを奪いきった。

 その古橋は2-1リードで迎えた60分にも魅せる。巧みなコントロールからスルーパスを送り、今度はアバダのゴールをお膳立てしたのである。結果的にこの1点がセルティックにとっては大きく、敵地でフェレンツバロシュに競り勝つことになった。

 データサイト『Who Scored』によって、1得点1アシストの古橋には「8.4」というレーティングが与えられており、MOMに選出されている。また、古橋はタッチ数が24回でチーム最低となっていたものの、1得点1アシスト、さらにキーパス2本、ドリブル成功1回を記録。限られたボールタッチの中でも仕事を果たす、まさにストライカーというべき活躍だったと言えるだろう。

 これで今季公式戦17試合11得点3アシストとした古橋。絶好調を維持したまま、次は週末のダンディーFCとのリーグ戦に臨む。