肝心な3-5-2のシステムが機能せず…

 プレミアリーグ第11節、マンチェスター・ユナイテッド対マンチェスター・シティが現地時間6日に行われ、0-2でアウェイチームが勝利した。70%近くボールを支配されたユナイテッドは、シティ相手に攻め手を欠き、ほとんどの攻撃的なスタッツで今季ワーストを記録。0-2というスコア以上に差を感じる試合となった。(文:安洋一郎)

————————

 前節、トッテナムに3-0の勝利を収めたマンチェスター・ユナイテッドは、この試合で機能した3-5-2のシステムで試合に臨んだ。

 3人のCBとWB含む5人の中盤+GKのダビド・デ・ヘアで守りきって、最前線のクリスティアーノ・ロナウドがチャンスを決めきる。マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督はこのようなゲームプランを描いていたかもしれないが、前半早々にそのプランは崩れる。

 7分、左サイドでボールを受けたジョアン・カンセロが左足で鋭いクロスを上げたところ、カットに入ったエリック・バイリーのクリアがそのままユナイテッドゴールに吸い込まれた。

 あっけなく先制を許したユナイテッドは、26分にカウンターからクリスティアーノ・ロナウドに決定機が訪れるも、エデルソンのファインセーブに阻まれ同点ゴールを奪うことはできなかった。

 30分を過ぎてからはシティが立て続けに4本、強烈な枠内シュートを放つが、その全てをダビド・デ・ヘアが好セーブ。いずれのシュートもデ・ヘアでなければ入っていた可能性があり、守護神の大活躍でなんとか1点ビハインドの状況を保っていた。

 しかし、前半終了間際にダメ押しの2点目を決められてしまう。カンセロがエリア内に内巻きのクロスを上げると、ハリー・マグワイアとルーク・ショーはラインを割ると判断しこれをスルー。だが、シティのベルナルド・シウバは、ただ1人このクロスボールに対して反応しており、最後は足を投げ出してゴールに押し込んだ。

 前半を2点ビハインドで折り返し、ユナイテッドは後半開始から4-2-3-1へとシステムを変更。だが、これが全く機能しなかった。後半に関しては、試合終了間際の90+5分まで、シティのペナルティーエリア内でボールに触れることすらできなかった。

追加点を奪われることもなかったが、試合を通じてユナイテッドのボール支配率は32.6%、シュートは5本(枠内1本)、パス本数も400本に留まり、いずれも今季ワーストのスタッツに終わった。

 対するシティは16本のシュート(枠内5本)を放ち、パス本数は832本を記録した。これは11月6日現在までに行われた全106試合で最多のパス本数であり、それだけシティが試合を支配していたという証拠でもある。

 0-2というスコアに以上に両チームの差を感じるゲームだった。

ユナイテッドの狙いがハマらなかった理由

 前節トッテナム戦と今節マンチェスター・シティ戦の大きな違いは、同じシステムでもスタメンにラファエル・ヴァランとエディソン・カバーニがいなかったといことだ。いずれの選手も負傷による欠場となったが、スールシャール監督にとっては痛すぎる離脱だった。

今季、ユナイテッドは前線からの流動的なプレス、守備ができていないということが課題として取り上げられている。4-2-3-1であれば最前線に入るクリスティアーノ・ロナウドが、ファーストディフェンスとして機能していないためだ。

 ロナウドがプレスを行わないことで、代わりにトップ下のブルーノ・フェルナンデスが前線へプレスに行く頻度が高まっている。これが3列目の選手や他の選手とも連動したプレスになっていればある程度は機能するのだが、孤軍奮闘のような形となっており、ブルーノ・フェルナンデスが前に行き過ぎて空いたスペースを使われてピンチを招くというケースが増えていた。

 その最たる例が第9節リバプール戦だ。0-5の大敗を喫し、第10節トッテナム戦に向けてスールシャール監督は、献身性の高いカバーニをロナウドと最前線に並べた上に、3バックにすることで守備の整備を図った。

 トッテナム戦はこれが上手く機能して3-0の快勝を収めたのだが、今節はカバーニとヴァランが欠場。代わりにメイソン・グリーンウッドがロナウドとの2トップで起用され、アンカーのロドリをマンマークするというタスクが与えられた。だが、守備が不慣れなこともありマークの精度が低く、シティ相手にこれは通用しなかった。

 トッテナム戦で3バックの中央に入っていたヴァランの欠場も痛恨だった。最終ラインを統率する役割を担っていたヴァランだが、ミッドウィークのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)アタランタ戦で負傷。守備の核が欠場したことで、シティの攻撃をやられるがままに受け続けるという構造になってしまった。

対照的だった両指揮官</h2>
 カバーニ欠場により前線からのプレスがハマらなかったスールシャール監督は、2点ビハインドの後半開始と同時にCBのエリック・バイリーを下げてWGのジェイドン・サンチョを投入した。

 慣れ親しんだ4-2-3-1へとシステムを変更したのだが、先述したように最前線にロナウドがいるとプレスが機能しない。ボールの奪いどころが定まらず、シティに保持される展開が続いた。スールシャール監督は67分にマーカス・ラッシュフォード、80分にドニー・ファン・デ・ベークを投入したが、いずれも事態は変わらなかった。

 対するシティのグアルディオラ監督は、前半を2点リードで折り返したことと、不用意なボールロストからカウンターを受けたことを踏まえ、後半はリスクを伴う攻撃を行わなかった。

 そして試合を通じて、ユナイテッドの司令塔ブルーノ・フェルナンデスを徹底的にマークした。グアルディオラ監督は、相手チームに1人で状況を打開できる絶対的なプレーメーカーがいた場合、その選手に対してファウルをしてでも徹底的に止めるという戦術を取ることが多い。

 この試合でもブルーノ・フェルナンデスにはチーム全体で厳しいチェックを行ない、両チーム最多となる5つの被ファウル数を記録した。

 カウンターとブルーノ・フェルナンデス。この2つをケアされたことで、後半にユナイテッドは1度も決定機を作ることができなかった。

 勝っていてもベンチの前に出てきて指示をするグアルディオラと負けていてもベンチに座ったままのスールシャール。試合中、両指揮官の様子は対照的だった。それぞれのスタイルに差があるということは理解しつつも、ビルドアップの整備や前線からのプレスのハメ方など戦術面でも如実に”差”が出た両指揮官だった。

 同じ街のライバルにホームで圧倒されるという屈辱的な敗戦を喫したマンチェスター・ユナイテッド。プレミアリーグにおいて、ホームで直近4試合1分3敗という酷な結果をユナイテッドの上層部はどのように受け止めているのだろうか。
(文:安洋一郎)