20位:ビッグクラブで闘った男

 100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で移籍金の高い歴代日本人は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングの最新版を紹介する。※移籍金は11月2日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

—————————–

DF:長友佑都(日本代表/FC東京)
生年月日:1986年9月12日(35歳)
クラブ:チェゼーナ→インテル
移籍日:2011年7月1日(当時24歳) ※完全移籍へ移行
移籍金:450万ユーロ(約5.4億円)

 FC東京でプロデビューし、日本を代表するサイドバックへと進化を遂げた長友佑都は、2010年南アフリカワールドカップでの活躍が評価され、大会後にチェゼーナへ移籍。これが自身初の海外挑戦だったが、新天地では開幕から主力として起用され、年内のリーグ戦は全てフル出場を果たすことになった。

 そしてチェゼーナ加入からわずか半年後、AFCアジアカップ2011で優勝に貢献した長友は名門インテルの目に留まり、レンタルで加入。2011/12シーズンの始まりとなった7月には、450万ユーロ(約5.4億円)での完全移籍を掴み取ることになった。

 長友は晴れてビッグクラブの一員になっただけでなく、ここでレギュラーとして活躍。2013/14シーズンにはDFながらリーグ戦だけで5得点7アシストを記録し、同シーズン中にはエステバン・カンビアッソからキャプテンマークを受け継ぎ、ゲームキャプテンを担うこともあった。2014/15シーズン以降はチームでの立場が厳しくなってしまったが、ビッグクラブに確かな爪痕は残した。

19位:ドイツでのキャリア豊富なベテラン

MF:原口元気(日本代表/ウニオン・ベルリン)
生年月日:1991年5月9日(30歳)
クラブ:ヘルタ・ベルリン→ハノーファー
移籍日:2018年7月1日(当時27歳)
移籍金:450万ユーロ(約5.4億円)

 原口元気が浦和レッズからのステップアップを決断したのは2014年5月。新天地はドイツのヘルタ・ベルリンだった。同クラブでは加入当初こそ満足いく出番を得られなかったが、豊富な運動量を駆使した献身的な動きが評価され、シーズン終盤よりレギュラーの座を掴むことに。2年目の途中には指揮官がパール・ダルダイに代わっているが、原口はここでも主力として起用されていた。

 しかし、ヘルタ在籍4年目の2017/18シーズンに出場機会が激減。同シーズン途中にプレータイムを求め2部のデュッセルドルフにレンタル移籍することになった。それでも、同クラブではレギュラーとして活躍。チームの1部昇格に貢献することになり、存在価値を証明した。

 そのパフォーマンスが評価され、2018年に450万ユーロ(約5.4億円)という移籍金でハノーファーに加入。日本代表ではサイド起用がメインだが、ここでは主にトップ下で起用されており、昨季はリーグ戦で9得点7アシストを記録していた。ちなみにこれは、ドイツでのキャリアハイとなる数字だった。

18位:日本代表不動のCF

FW:大迫勇也(日本代表/ヴィッセル神戸)
生年月日:1990年5月18日(31歳)
クラブ:ケルン→ブレーメン
移籍日:2018年7月1日(当時28歳)
移籍金:450万ユーロ(約5.4億円)

 高校生の頃から大きな注目を集めていた大迫勇也は、プロデビューの地である鹿島アントラーズでも大活躍。2011年にはナビスコカップでMVPを受賞し、2013年にはJリーグベストイレブンに選出された。そして2014年1月に活躍の場を欧州へ。1860ミュンヘンの完全移籍が発表された。

 結果的に1860ミュンヘンへの在籍は1シーズンのみとなったが、その後大迫はケルンへとステップアップ。ここでは加入当初こそ適応に苦しんだが、1年目の後半戦にレギュラー定着。在籍3年目の2016/17シーズンにはブンデスリーガで7得点8アシストという成績を残している。しかし、その翌シーズンにケルンは最下位で2部降格。大迫はそれに伴い、450万ユーロ(約5.4億円)という移籍金でブレーメンへと籍を移している。

 ブレーメンでは苦悩の連続だった。1年目はほぼ得点に絡めず、2年目は序盤戦と終盤戦こそ結果を残したが、全体的にはパフォーマンスレベルが低かった。昨季は監督によって中盤起用が本格化したこともありさらに苦戦。サポーターからミスする度にブーイングを浴びせられ、交代する際にはまるで「ようやくか」と言わんばかりの拍手が起きることもあった。移籍金に見合うだけの活躍を披露したとは言い難い。

17位:セビージャ移籍でキャリアは…

MF:清武弘嗣(元日本代表/セレッソ大阪)
生年月日:1989年11月12日(31歳)
クラブ:セビージャ→セレッソ大阪
移籍日:2017年2月1日(当時27歳)
移籍金:510万ユーロ(約6.1億円)

 清武弘嗣のキャリアは順調だった。セレッソ大阪で伝統の8番を背負うまでの存在に成長し、ニュルンベルク、そしてハノーファーでも活躍。日本代表での存在感も試合を重ねるごとに強まっており、2018年のロシアワールドカップでは中心人物となっていても不思議ではなかった。

 しかし、2016年のセビージャ移籍が清武のキャリアを狂わすことになった。清武獲得後のセビージャはさらにフランコ・バスケス、ガンソ、サミル・ナスリと攻撃的MFを次々と補強。結局バスケスとナスリがファーストチョイスとなり、清武にはほぼ出番が回ってこなかった。そしてセビージャ加入からわずか7ヶ月後、510万ユーロ(約6.1億円)の移籍金で古巣C大阪に復帰することになった。

 日本へ帰国後は怪我に苦しむ時期が続き、結果ロシアW杯行きも逃すことになった清武。それでも2020シーズンに完全復活を象徴するような活躍を披露し、同シーズン終了後には複数年契約更新を勝ち取った。現在も主将、そして10番としてC大阪を牽引している。

16位:今最も勢いに乗る韋駄天

FW:古橋亨梧(日本代表/セルティック)
生年月日:1995年1月20日(26歳)
クラブ:ヴィッセル神戸→セルティック
移籍日:2021年7月19日(当時26歳)
移籍金:540万ユーロ(約6.5億円)

 2017年、当時J2リーグに所属していたFC岐阜でプロデビューを果たすと、大木武監督の信頼を掴んで1年目ながらリーグ戦全試合出場を達成。2年目にはさらに勢いが加速し、早くも二桁得点を奪取した。そして、そのシーズン途中にJ1ヴィッセル神戸へ個人昇格。凄まじい速度でステップアップを刻んでいた。

 しかし、古橋亨梧の勢いはここで止まらない。神戸でもさっそく結果を残して瞬く間に中心選手となり、日本代表にも名を連ねるように。今季はリーグ開幕20試合で15得点を奪取するなど、ロケットスタートを切っていた。その活躍が評価され、古橋は今夏にセルティックへ加入。移籍金は540万ユーロ(約6.5億円)だった。

 そして、日本が誇る韋駄天は欧州の地でもその実力を遺憾なく発揮。アンジェ・ポステコグルー監督の元で主力として起用され、各コンペティションでコンスタントにゴールを奪うなど、ファンのハートを鷲掴みにしている。すでに移籍金以上のパフォーマンスを披露しているなどノリに乗る古橋が日本代表の中心選手になる、そしてさらに上のレベルでプレーする日はそう遠くないかもしれない。