【日本 1-0 オマーン 2022年カタールW杯アジア最終予選】

 カタールワールドカップアジア最終予選のオマーン代表対日本代表が16日に行われた。試合は1-0でアウェイの日本代表が勝利した。試合後にDF吉田麻也がコメントを残している。

 日本はカタールの守備を崩せず苦戦したものの、終盤に伊東純也がゴールを奪って1-0で勝利した。他会場では、2位だったオーストラリアが中国と対戦して引き分けたため、日本は2位浮上を果たしている。

 吉田は試合を振り返って、「なかなか点が入らず、じれやすい試合でした」とコメント。「アウェイということで、雰囲気も環境も難しい中で、我慢して勝ち点3を取れたということは非常に大きい。順位も入れ替わり、僕らにとって大きな勝ち点3」と、結果を喜んだ。

 その一方で、「内容の部分ではもちろん満足していない」と吉田。「もうちょっと試合を支配できるような戦い方ができなければ厳しくなるなという感はあります」と、反省も口にしている。

 ワールドカップ最終予選は残り4試合。吉田は来年に向けて各々がコンディションを整えることが大事としつつ、「現状では勝ち続ければ自力でワールドカップ行きをつかめるところまできた。まだまだ油断はできない。一つのミスで大きく状況が変わるので気を引き締めていきたいと思います」と述べた。