レアル・マドリードが、マンチェスター・ユナイテッドのMFポール・ポグバの獲得を検討しているという。スペイン『マルカ』が18日に伝えた。

 ポグバはユナイテッドとの契約が今季で満了する。一時は契約延長に動き出したという話しもあったが、今回の報道によると、ユナイテッドは契約延長を考えていない。そのため、今季終了後にフリーで新天地を探す可能性がある。

 それでも、ポグバの新天地候補は多くない。今季終了後の退団という形で移籍金が発生しないとしても、ポグバの年俸と代理人に対する仲介料を支払えるクラブはごくわずか。以前から復帰が噂されるユベントスのほか、パリ・サンジェルマン、そしてレアル・マドリードがあり得る候補ではないかとみられている。

『マルカ』によると、レアル・マドリード内でも意見は分かれている模様。ただ、カルロ・アンチェロッティ監督は高く評価しており、これから動きがあるかもしれない。

 ケガで長期離脱を強いられるポグバは、年内の復帰が絶望的で、ドバイに渡ってリハビリを始めたと報じられている。ユナイテッドでのプレーは、残りわずかなのだろうか。