改善される気配のない課題

プレミアリーグ第12節、ワトフォード対マンチェスター・ユナイテッドが現地時間20日に行われ、4-1でワトフォードが勝利した。惨劇を喫してもなお、オーレ・グンナー・スールシャール監督は解任されず。そして、チームの課題は改善される気配がない。(文:本田千尋)
———————————————

 この内容と結果でも“首”は飛ばないのだろうか……。

 11月20日に行われたプレミアリーグ第12節で、マンチェスター・ユナイテッドは惨敗した。敵地に乗り込んだ“赤い悪魔”は昇格組のワトフォード相手に4失点。始まってすぐの6分に与えたPKはダビド・デ・ヘアのビッグセーブで凌いだものの、28分に左からの折り返しをジョシュア・キングに決められて先制を許す。そして44分、今度は右からの折り返しを、ボックス内でフリーで受けたイスマイラ・サールに右足を振り抜かれて2失点目――。

 この試合に始まったことではないが、物凄く乱暴に言ってしまうと、依然としてオーレ・グンナー・スールシャール監督のチームには“組織”と呼べるものが存在しない。17位のワトフォードのプレッシングとボール奪取後のアクションは、例えばブライトンのようには整備されていなかった。

 それでも、敵のハイプレスに対してマンUは安定したボール・ポゼッションを実現できていない。ポール・ポグバを怪我で欠いたこともあってか、中盤でボールを維持することができなかった。

 何より、相手がボールを持った時にチームとしてプレスを掛けることができない課題は、一向に改善される気配がない。守備組織がほとんど存在しないことを象徴するのは22分の場面。カウンターを仕掛けられた時に、まるでプレッシャーが掛からず簡単にゴール前まで運ばれてしまう。

 デ・ヘアの鬼気迫るセービングやブルーノ・フェルナンデスの創造性、クリスティアーノ・ロナウドの驚異的な得点力など、個人の能力に頼りがちで“組織”がない印象は、ワトフォード戦でも変わっていなかった。

オランダ人MF1人の力では…

 ポグバ不在でキープ力を欠く中盤にテコ入れするために、後半の頭からドニー・ファン・デ・ベークを投入したことは理に適っている。50分にファーでクリスティアーノ・ロナウドが頭で折り返したボールを、ファン・デ・ベークがヘディングで決めて1点を返した。アヤックスでの輝きが幻だったかのように不遇の時を過ごすオランダ人MFは、57分にはロナウドに絶妙のスルーパスを通すなど、中盤でアクセントとなった。

 しかし、そもそもチームとしての形といったものが存在しないので、ファン・デ・ベークひとりが気を吐いても限界がある。

 69分にはハイプレスを掛けられたハリー・マグワイアが逆にファウルを犯してしまい、2枚目のイエローを貰って退場。主将のCBを欠いて一人少なくなった“赤い悪魔”は、72分と76分にロナウドがゴールに迫ったが、1-2のスコアをこれ以上覆すことはできなかった。

 そして後半のアディショナルタイムに入ると、遂に守備が崩壊してしまう。92分に左サイドから作られた決定機はデ・ヘアのビッグセーブで凌いだが、いかに神がかった守護神でも、全てのシュートを防ぐことは出来ない。

マンUの置かれた状況とは?

 その直後にショートカウンターを喰らって同じ左サイドを抉られると、ジョアン・ペドロにニアをぶち抜かれて3失点目。95分には敵GKのロングキック一発で同様に左を抉られ、エマヌエル・デニスに今度はファーに叩き込まれて4失点目――。

 このように、依然として攻守両面において“組織”と呼べるものが存在しないマンUは、17位のワトフォード相手に惨敗した。

 今季これまでの流れを踏まえ、惨劇の夜となったワトフォード戦を振り返ると、常識的に考えればスールシャール監督の“首”がいつ飛んでもおかしくない内容と結果だ。現時点(現地時間翌日午前2:30)では、ノルウェー人指揮官の解任の報はどこにもない。

 もちろん世間一般の“常識”と名門クラブの内部の“常識”は違う可能性はある。さらに今週の23日にアウェイで行われるCLビジャレアル戦で、またロナウドが“神通力”を発揮しそうな予感もある。

 チームとして中身はスカスカだが、31歳のスペイン代表GKが鬼神のごとくビッグセーブを連発し、ここ一番で36歳のポルトガル代表FWが異常な勝負強さを発揮することで、スールシャール監督が延命しているのがマンチェスター・ユナイテッドの現状と言うと、さすがに言い過ぎだろうか…。

(文:本田千尋)

【了】