マンチェスター・ユナイテッドは21日、トップチームを率いていたオレ・グンナー・スールシャール監督の解任を発表した。英国などの各メディアでは後任監督候補の予想が盛んに行われている。

 ユナイテッドは低調な戦いが続きながらも監督交代に消極的な様子だったが、20日に行われたワトフォード戦で下位チームに1-4の屈辱的敗戦を喫したあとついに決断。一夜明け、約3年間チームを率いてきたレジェンドがクラブを去ることが正式に発表された。

 23日に行われるチャンピオンズリーグのビジャレアル戦など、当面の試合ではコーチのマイケル・キャリック氏が指揮を執る予定。一方で、クラブは今季末までチームを委ねる暫定監督を新たに探す予定だと述べている。

 後任の最有力候補と予想されているのは、レアル・マドリード元監督であるジネディーヌ・ジダン氏。FWクリスティアーノ・ロナウドも就任を強く望んでいるとみられ、ブックメーカーのオッズでも一番人気とされている。

 だがジダン氏自身はユナイテッドを率いることにあまり乗り気ではないとも言われ、他の候補を挙げているメディアもある。英『アスレティック』はセビージャのフレン・ロペテギ監督と、現役時代にユナイテッドでもプレーした現アル・ラーヤン(カタール)のローラン・ブラン監督に言及している。

 他メディアやブックメーカーなどでは、現レスター・シティのブレンダン・ロジャース監督、現パリ・サンジェルマンのマウリシオ・ポチェッティーノ監督、現アヤックスのエリック・テン・ハフ監督、現ブライトンのグレアム・ポッター監督なども候補に。またキャリック氏やダレン・フレッチャーTD(テクニカルディレクター)などクラブ内部からの監督就任を予想する見方もある。