J1の湘南ベルマーレは23日、急逝したオリベイラ選手の行政検視結果が出たとして発表を行った。病名は急性うっ血性心不全とされている。

 オリベイラは湘南に所属していた23歳のブラジル人MF。古巣であるブラジルのアトレチコ・パラナエンセは現地時間23日に同選手が心臓発作のため亡くなったと発表し、本人のインスタグラムアカウントでも日本時間24日未明に逝去を報告する投稿が行われた。湘南からも24日午前に発表が行われていた。

 行政検視の結果によれば、オリベイラは急性うっ血性心不全のため亡くなったとのこと。死亡推定時刻は11月23日火曜日の午前0時頃とされている。

 また、湘南は27日土曜日に本拠地レモンガススタジアム平塚にて開催される明治安田生命J1リーグ第37節の徳島ヴォルティス戦で献花台を設置する予定と発表。詳細は決定次第改めて発表を行うとしている。

 オリベイラは2019年にJ.FC宮崎(現・ヴェロスクロノス都農)でプレーし、2020年に湘南に加入したあとFC大阪へ期限付き移籍。湘南に復帰した今季はJ1で2試合、YBCルヴァンカップで8試合、天皇杯で1試合に出場していた。