70位:期待されたスペイン2年目だったが…

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で移籍金の高い歴代日本人は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングの最新版を紹介する。※移籍金は11月2日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠
—————————–

MF:久保建英(日本代表/マジョルカ)
生年月日:2001年6月4日(20歳)
クラブ:レアル・マドリード→ビジャレアル(レンタル移籍)
移籍日:2020年8月10日(当時19歳)
移籍金:125万ユーロ(約1.5億円)

 2015年にバルセロナの下部組織を退団し、日本に帰国した久保建英。3月にFC東京に加入すると、Jリーグ最年少出場記録や最年少ゴール、21世紀生まれの選手では初のJリーグ出場など様々な最年少記録を打ち立てた。

 横浜F・マリノスからのレンタル移籍から復帰した2019年は開幕から主力に定着。公式戦16試合で5ゴールと結果を残し、夏に古巣バルセロナのライバルであるレアル・マドリードへと移籍した。スペイン1年目はラ・リーガに復帰したばかりのマジョルカへレンタル移籍。チームは1年での2部降格となってしまったが、久保自身は35試合で4ゴール4アシストと結果を残した。

 そして20年夏、注目されたスペイン移籍2年目はビジャレアルへとレンタル移籍することに。この時に125万ユーロ(約1.5億円)の移籍金がレアル・マドリードに支払われた。多くの経験を詰むためにビジャレアルへと移籍した久保だったが、同じ右WGにはジェラール・モレノやサムエル・チュクウェゼといった実力者がいたこともあり、ベンチ要員となってしまった。結果的に公式戦19試合でわずか1ゴールという成績に留まり、予定より半年早い21年冬にビジャレアルを退団した。

69位:2021年に大きな飛躍を遂げたのは…

MF:川辺駿(日本代表/グラスホッパー)
生年月日:1996年9月8日(26歳)
クラブ:サンフレッチェ広島→グラスホッパー
移籍日:2021年7月1日(当時25歳)
移籍金:127万ユーロ(約1.5億円)

 サンフレッチェ広島のジュニアユース出身の川辺駿は14年にトップチームに昇格。しかし、青山敏弘や森崎和幸らベテラン選手の間に割って入ることができず、J1ではわずか1試合の途中出場に留まった。

 翌15年からは3シーズン連続でジュビロ磐田へとレンタル移籍している。加入当時J2を戦っていた名門のJ1復帰に貢献するなど、磐田で大きく成長した川辺は18年に広島に復帰。復帰1年目こそ途中出場が多かったが、2年目からは絶対的な主力に定着しており、21年からは副主将に就任した。3月には日本代表に初選出され、6月に行われたタジキスタン戦では代表初ゴールを決めた。

 21年に大きく飛躍を遂げた川辺は7月にスイス1部リーグに復帰したばかりの名門グラスホッパーへと完全移籍を果たした。25歳にして初の海外移籍となった川辺だが、すぐにチームに溶け込み、ボランチのレギュラーに定着した。第14節セルヴェット戦では、右足の強烈なダイレクトボレーシュートをゴールネットに突き刺した。

68位:日本人で初めてCL準決勝に出場した男

DF:内田篤人(元日本代表)
生年月日:1988年3月27日(33歳)
クラブ:鹿島アントラーズ→シャルケ
移籍日:2010年7月1日(当時22歳)
移籍金:130万ユーロ(約1.6億円)

 06年に鹿島アントラーズに入団した内田篤人は、クラブ史上初めて高卒ルーキーながら開幕戦のスタメンに抜擢された。翌07年にはクラブのレジェンド、名良橋晃が着用していた背番号2を引き継ぎ、07年、08年、09年と史上初のJリーグ3連覇に大きく貢献。内田自身も08年、09年と2年連続でJリーグベストイレブンに選出された。

 Jリーグで圧倒的な強さを誇った鹿島で評価を高めた内田は、08年1月に19歳の若さで日本代表デビューを飾った。すぐにレギュラーへと定着し、南アフリカワールドカップ予選でも主力として多くの出場機会を得た。しかし、ワールドカップ開幕直前に岡田武史監督は攻守のバランスを意識して内田をスタメンから外し、駒野友一をレギュラーに抜擢した。

 ワールドカップで1試合も試合に出場することができなかった内田だが、大会終了後にシャルケへ130万ユーロ(約1.6億円)の移籍金で完全移籍。ジェノアへと移籍したラフィーニャの後釜としてレギュラーに定着すると、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)では日本人史上初となるベスト4に進出。その後は長くケガに悩まされるも、「ウッシー」の愛称でサポーターから親しまれ、ドイツを代表する名門で通算153試合に出場した。

67位:昇格組をEL出場に導いたのは…

MF:乾貴士(元日本代表/セレッソ大阪)
生年月日:1988年6月2日(33歳)
クラブ:ボーフム→フランクフルト
移籍日:2012年6月25日(当時24歳)
移籍金:145万ユーロ(約1.7億円)

 2007年に横浜F・マリノスでプロデビューを飾った乾貴士だが、出場機会に恵まれず、2008年6月にセレッソ大阪へと期限付き移籍。当時所属していた香川真司と好連係を築き、多くの得点に関与した。シーズン終了後には完全移籍を果たし、在籍2年目となった2009年はキャリアハイの20ゴールを記録。香川と共にJ1復帰の立役者となった。

 2011年夏にドイツ2部に所属していたボーフムへ完全移籍を果たした。セレッソ大阪時代は左WGでの起用が多かったが、ボーフムではトップ下のレギュラーに定着。チーム最多の7ゴールを決めたが、ブンデスリーガ昇格は叶わなかった。

 そして2012年夏、ブンデスリーガへと復帰したフランクフルトに145万ユーロ(約1.7億円)の移籍金で完全移籍を果たす。乾は開幕5試合で3ゴール3アシストというロケットスタートを切ることに成功。33試合で6ゴール8アシストという好成績を収め、フランクフルトは昇格組ながらUEFAヨーロッパリーグ(EL)出場権を獲得した。しかし、2年目は大きく出場機会を減らし、3年目もリーグ戦でわずか1ゴールに留まった。

66位: 高額な移籍金でJリーグに復帰したが…

FW:高原直泰(元日本代表/沖縄SV)
生年月日:1979年6月4日(42歳)
クラブ:フランクフルト→浦和レッズ
移籍日:2008年1月11日(当時28歳)
移籍金:150万ユーロ(約1.8億円)

 1998年にジュビロ磐田に加入した高原直泰は、プロ2年目にJ1で9ゴールを決めてブレイク。日本代表にも選出され、2000年に行われたアジアカップでは得点ランキング2位となる5ゴールを決めて、優勝に大きく貢献した。レンタル先のボカから復帰した2002年はJ1で27試合26ゴールという驚異的なスタッツを残し、得点王とMVPを受賞した。

 2003年冬にハンブルガーSVへと移籍すると、当時無失点記録を継続していたオリバー・カーン(バイエルン)から記録を阻止するゴールを奪った。3シーズン半を過ごしたハンブルガーSVでは、日本時代ほど得点を量産することができなかったが、フランクフルトへと移籍した2006/07シーズンはブンデスリーガで初の二桁得点となる11ゴールを記録。ブンデスリーガにおいて日本人史上初となるハットトリックを達成するなど結果を残し、サポーターが選出する年間最優秀選手賞を獲得した。

 しかし、2007/08シーズンは負傷や監督との確執もあり出場機会が大幅に減少。2008年1月11日に150万ユーロ(約1.8億円)の移籍金で浦和レッズへと完全移籍を果たし、6年ぶりにJリーグに復帰した。前年のアジアカップで得点王に輝いていたことや、当時のJリーグでは異例の高額な移籍金で加入したこともあり、大きな注目を集めたが、期待以上の活躍はできず。80試合で15ゴールとやや物足りない成績に終わった。