ヨーロッパリーグ(EL)・グループリーグ第5節、レバークーゼン対セルティックが現地時間25日に行われた。敵地に乗り込んだセルティックは、日本代表FW古橋亨梧が躍動。ゴールこそなかったが、チームに2点目をもたらしている。

 ホームチームに先制を許したセルティックは37分、左サイドからのクロスに古橋が飛び込みと、相手GKの手が顔面に直撃。オン・フィールド・レビュー(OFR)の結果これがファウルとなり、セルティックはPKを獲得している。このPKを任されたのは古橋ではないが、果敢に飛び出しからチームに同点ゴールを呼び込んだ。

 さらに56分、セルティックは右サイドを起点にチャンスを作る。タイミングを見計らってボックス内に侵入した古橋は、相手DFのスリップした一瞬を見逃さずにボールを奪取すると、難しい体勢ながら左サイドへパスを展開。フリーで待っていたジョタへの絶妙なアシストでチームに2点目をもたらした。

 しかし、76分に古橋がピッチを去ると試合終盤に2失点。残り数分で勝利を逃したセルティックは、最終節を残してEL敗退が確定した。