プレミアリーグ第13節、アーセナル対ニューカッスルが現地時間27日に行われ、ホームチームが2-0で勝利。この試合に先発出場した日本代表DF冨安健洋は、移籍後初アシストを記録し、勝利に貢献している。

 相手を圧倒するも、スコアレスドローで前半を終えたアーセナルは、56分にブカヨ・サカのゴールで先制。その後も攻撃の手を緩めないアーセナルは、冨安健洋のアシストから追加点を決めている。

 66分、自陣からゆっくりビルドアップするアーセナルは、敵陣に10人全員が入るとベン・ホワイトが高い位置を取った冨安にパスを送る。すると、このパスが入ると同時に裏へ走り出していたガブリエウ・マルティネッリへ絶妙なフライスルーパス。マルティネッリのスーパーゴールをアシストした。

 ボレーシュートを決めたマルティネッリも凄かったが、移籍後初アシストとなった冨安の出したパスは、タイミング、マルティネッリのスピードを落とさない威力、落とす位置の全てが完璧だった。

 プレミアリーグ初アシストを記録した冨安は、データサイト『Who Scored』によると、守備ではタックル成功率100%を記録。チーム最多タイとなる3度のタックル全てを成功させ、無失点にも貢献している。さらに、攻守でチームの勝利に大きく貢献したこのDFには、両チーム最高となる8.5点の評価を与えられた。

 前節、敵地でリバプールに大敗し、冨安の加入後リーグ戦初敗戦となったアーセナルだが、この試合では相手を圧倒。移籍後リーグ戦全試合にスタメン出場している冨安は、リーグ戦初アシストでその存在価値をさらに高めている。