『フランス・フットボール』誌主催の2021年度バロンドール受賞者が現地時間29日に発表された。新型コロナウイルスの影響で2年ぶりの選出となった同賞は、パリ・サンジェルマンに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが最多記録を更新する7度目の受賞を果たしている。

 34歳のメッシは、2020/21シーズンにバルセロナで、30得点を挙げて得点王を受賞。今夏のコパ・アメリカ(南米選手権)でもアルゼンチン代表を優勝へと導き、自身も大会MVP、得点王、アシスト王に輝いている。メッシは最多受賞記録を更新する7度目の受賞となり、前回の選出となった2019年から2回連続での選出となった。

 バロンドールは全世界の記者による投票で選出される。チェルシーとイタリア代表で欧州2冠を達成したジョルジーニョやブンデスリーガ新記録となるシーズン41得点を挙げたロベルト・レバンドフスキは惜しくも栄冠に届かなかった。

1位:リオネル・メッシ(アルゼンチン/パリ・サンジェルマン)
2位:ロベルト・レバンドフスキ(ポーランド/バイエルン)
3位:ジョルジーニョ(イタリア/チェルシー)
4位:カリム・ベンゼマ(フランス/レアル・マドリード)
5位:エンゴロ・カンテ(フランス/チェルシー)
6位:クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/マンチェスター・U)
7位:モハメド・サラー(エジプト/リヴァプール)
8位:ケビン・デ・ブライネ(ベルギー/マンチェスター・C)
9位:キリアン・エンバペ(フランス/パリ・サンジェルマン)
10位:ジャンルイジ・ドンナルンマ(イタリア/パリ・サンジェルマン)

11位:アーリング・ハーランド(ノルウェー/ドルトムント)
12位:ロメル・ルカク(ベルギー/チェルシー)
13位:ジョルジョ・キエッリーニ(イタリア/ユヴェントス)
14位:レオナルド・ボヌッチ(イタリア/ユヴェントス)
15位:ラヒーム・スターリング(イングランド/マンチェスター・C)
16位:ネイマール(ブラジル/パリ・サンジェルマン)
17位:ルイス・スアレス(ウルグアイ/アトレティコ・マドリード)
18位:シモン・ケアー(デンマーク/ミラン)
19位:メイソン・マウント(イングランド/チェルシー)
20位:リヤド・マフレズ(アルジェリア/マンチェスター・C)

21位:ブルーノ・フェルナンデス(ポルトガル/マンチェスター・U)
21位:ラウタロ・マルティネス(アルゼンチン/インテル)
23位:ハリー・ケイン(イングランド/トッテナム)
24位:ペドリ(スペイン/バルセロナ)
25位:フィル・フォーデン(イングランド/マンチェスター・C)
26位:ニコロ・バレッラ(イタリア/インテル)
26位:ルベン・ディアス(ポルトガル/マンチェスター・C)
26位:ジェラール・モレノ(スペイン/ビジャレアル)
29位:ルカ・モドリッチ(クロアチア/レアル・マドリード)
29位:セサル・アスピリクエタ(スペイン/チェルシー)