29年目を迎えたJリーグでは、これまでにさまざまな選手がピッチに立ってきた。今回は、清水エスパルスに所属した選手で最も多くJリーグの試合に出場した外国人選手を紹介する。※成績はJリーグ通算

—————–

5位:高い決定力を示したブラジル人FW

トニーニョ(ブラジル)
生年月日:1965年3月23日
Jリーグ通算出場数:79試合
在籍時期:1992-95, 96

 清水エスパルスの歴代外国人最多出場ランキング5位は、トニーニョだ。79試合に出場した。

 読売(現・東京ヴェルディ)で1991/92シーズンに得点王となったサントスは、1992年に清水エスパルスに加入。1994年に44試合に出場して22ゴールを挙げるなど、圧倒的な破壊力を見せた。

 1995年シーズン後半戦は浦和レッズでプレーしたが、半年で清水エスパルスに復帰している。しかし、アルディレス監督体制ではあまり出場機会を得られずに終わっている。

4位:得点数は伸びなかったが…

ミッチェル・デューク(オーストラリア)
生年月日:1991年1月18日
Jリーグ通算出場数:89試合
在籍時期:2015-19

 ミッチェル・デュークが、清水エスパルスの歴代外国人最多出場ランキング4位だ。4シーズンにわたる所属で89試合に出場した。

 オーストラリア代表のデュークは、2015年に清水エスパルスに加入して日本デビュー。しかし、本職ではないウイングでの起用が続いた影響もあり、1年目は29試合でわずか1ゴールだった。

 J2で戦った2年目は開幕から7試合連続で出場したが、その後大きな負傷でシーズンを棒に振る。J1に復帰した3年目は31試合で1ゴール。4年目は無得点と、得点面では結果を残せなかった。それでも豊富な運動量や献身的なプレーで存在感を示した助っ人だ。

3位:オランダの有望株

カルフィン・ヨン・ア・ピン(オランダ)
生年月日:1986年7月18日
Jリーグ通算出場数:93試合
在籍時期:2011-15

 清水エスパルスの歴代外国人最多出場ランキング3位は、カルフィン・ヨン・ア・ピンだ。5シーズンにわたって所属し、93試合に出場した。

 ヨン・ア・ピンは、スリナム系のオランダ人。オランダでは世代別代表も経験するほどの有望株で、北京五輪にも出場している。その彼が日本にやってきたのは2011年。中盤の底やセンターバック、サイドバックとしてピッチに立った。特に2012年はリーグ戦32試合に出場し、ピッチを駆け回った。

 その後も日本で活躍を続けたヨン・ア・ピンは、今季で岐阜を退団することが発表されている。

2位:2年連続2ケタ得点

チョ・ジェジン(韓国)
生年月日:1981年7月9日
Jリーグ通算出場数:101試合
在籍時期:2004-07

 チョ・ジェジンが清水エスパルスの歴代外国人最多出場ランキング2位だ。4シーズンにわたる活躍で101試合に出場している。

 2004年夏に韓国からやってきたチョ・ジェジンは、12試合で7ゴールを挙げ、1年目から見事な結果を残した。3年目は16ゴール、4年目は13ゴールと、コンスタントにゴールを決めた。

 得点以外にもポストプレーが得意で、清水エスパルスの攻撃を活性化した。

1位:中盤を引き締めた鉄人

サントス(ブラジル)
生年月日:1960年12月9日
Jリーグ通算出場数:160試合
在籍時期:1995-2000

 清水エスパルスの歴代外国人最多出場ランキング1位は、サントスだ。160試合出場で、2位以下に大きな差をつけた。

 1992年に鹿島に加入してJリーグにやってきたサントスは、1995年から清水エスパルスで活躍。1996年にはナビスコ杯優勝に貢献。ナビスコ杯最優秀選手賞を受賞し、クラブに初のタイトルをもたらした。

 清水エスパルスで5年半にわたって活躍したサントスは、その後神戸や草津でプレー。41歳で現役を引退した後は、ヘッドコーチとして清水エスパルスに戻った時期もある。