29年目を迎えたJリーグでは、これまでにさまざまな選手がピッチに立ってきた。今回は、浦和レッズに所属した選手で最も多くJリーグの試合に出場した外国人選手を紹介する。※成績はJリーグ通算

——–

 浦和レッズの歴代外国人最多出場ランキングは、ブラジル人以外の助っ人も多く登場する。特に6位〜10位では、ブラジル人が1人のみだ。

 10位のチキ・ベギリスタインは、スペイン人。バルセロナで長くプレーした彼は、1997年に浦和レッズにやってきた。

 2018年までプレーしたズラタンは、スロベニア人。81試合に出て6位となっている。元ドイツ代表のウーベ・バインは7位だ。

10位
アイトール・ベギリスタイン(スペイン)
生年月日:1964年8月12日
Jリーグ通算出場数:61試合
在籍時期:1997-99

9位
ゼリコ・ペトロヴィッチ(モンテネグロ)
生年月日:1965年11月13日
Jリーグ通算出場数:62試合
在籍時期:1997-2000

8位
マウリシオ(ブラジル)
生年月日:1992年2月6日
Jリーグ通算出場数:63試合
在籍時期:2017-20

7位
ウーベ・バイン(ドイツ)
生年月日:1960年9月26日
Jリーグ通算出場数:68試合
在籍時期:1994-97

6位
ズラタン・リュビヤンキッチ(スロベニア)
生年月日:1983年12月15日
Jリーグ通算出場数:81試合
在籍時期:2015-18