出場すら危ぶまれていながら…

 プレミアスポーツカップ(スコティッシュリーグカップ)決勝が現地19日に行われ、日本代表FW古橋亨梧が所属するセルティックはハイバーニアンに2-1で勝利して2年ぶりの優勝を飾った。2得点で自らにとっての欧州初タイトルを引き寄せた古橋は、ピッチ内外でチームメイトやファン・サポーターから確かな信頼を寄せられている。加入半年ながら、すでにレジェンドのような雰囲気すら漂い始めた。(文:舩木渉)

————

 試合終了の笛が鳴った瞬間、ベンチから駆け出した古橋亨梧はアンジェ・ポステコグルー監督に飛びつき、熱い抱擁をかわした。

 現地19日にプレミアスポーツカップ(スコティッシュリーグカップ)決勝が行われ、セルティックがハイバーニアンに2-1で逆転勝利。2年ぶりの優勝を果たした。古橋とポステコグルー監督にとっては欧州での初タイトルとなった。

 戴冠の立役者となったのは古橋だ。しかし、リーグカップ決勝の出場は厳しいという見方もあった。今月9日に行われたUEFAヨーロッパリーグ(EL)のベティス戦で右太ももを痛めた日本代表ストライカーは、その後のリーグ戦2試合を欠場し、年内の復帰は難しいのではないかとすら思われていた。

 ところがセルティックにとって2年ぶりのタイトルがかかった試合で先発メンバーに名を連ね、後半に2得点を挙げてチームを優勝に導いて見せたのである。ポステコグルー監督は「キョウゴは選手としてだけでなく、人間としても素晴らしい」と称えたうえで、リーグカップ決勝のハイバーニアン戦に向けた行動にも感銘を受けていたようだ。

「他の誰かが何を言おうと、彼の頭の中には、今日の試合(ハイバーニアン戦)でプレーすることしかなかった。怪我をした瞬間から、この日、この場所に立とうと、それだけを考えていたんだ」

 セルティックは前線に負傷者が続出しており、古橋の他にもジョタやゲオルギオス・ジャコウマキス、アルビアン・アジェティといった有力なアタッカーが戦線離脱していた。そんな中、唯一リーグカップ決勝に出場できたのが古橋だった。

 しかし、ポステコグルー監督が「彼は100%ではなく、私は彼ができる範囲でプレーしてくれることを祈っていたくらい」と明かしたように厳しい状態にありながら、タイトル獲得への執念でセルティックを頂点に導いた。

“ゴールアサシン”が本領発揮

 序盤から主導権を握りながらゴールを奪えず、両チームともスコアレスのまま前半が終了。後半に入ってもセルティック優位の展開になるが、51分にコーナーキックからハイバーニアンのDFポール・ハンロンに先制点を奪われてしまう。

 この失点で厳しい流れになるかと思われた矢先、古橋がセルティックを救った。直後の52分、試合が再開して最初のプレーで同点ゴールを決めて見せたのである。先制してやや気の緩みがあったハイバーニアンの隙を見逃さず、鋭い動き出しでカラム・マクレガーのロングパスに抜け出した古橋は落ち着いたコントロールから左足を素早く振ってゴールネットを揺らした。

「お気に入りの瞬間は、誰がゴールを決めても一気に盛り上がるスタジアムの熱気。あれは本当にヤバいですね」

 クラブ公式チャンネル『セルティックTV』の独占インタビューでこのように話していた古橋は、またファン・サポーターのエナジーが持つ力を実感したことだろう。リーグカップ決勝は本拠地セルティック・パークではなかったが、同じグラスゴーにあるナショナルスタジアム、ハムデン・パークに集まった多くのセルティックサポーターのボルテージは同点ゴールで一気に復活した。

 同時にピッチ上の選手たちも古橋のゴールで勢いづき、逆転に向けて相手への圧力を強めていく。そして72分に待望の瞬間がやってきた。

 相手のファウルでプレーが切れ、他の多くの選手たちの集中も切れた一瞬も、古橋だけは意識をゴールに向けていた。そして、背番号8の動き出しを見つけたトム・ロジッチが絶妙なフリーキックをペナルティエリア手前に落とすと、相手のディフェンスラインを破って抜け出してきた古橋が、205cmの長身を誇るGKマット・メイシーの頭越しにループシュート。

 “ゴールアサシン”と呼びたくなる美しく抜け目ない動き出しから値千金の逆転弾がゴールに収まった瞬間、ハムデン・パークは爆発したような大歓声に包まれた。

ポステコグルー監督「これは始まり」

 終盤はパワープレーに出たハイバーニアンの猛攻に遭いながら、耐えしのいだセルティックが逆転勝利。試合終了直後の古橋とポステコグルー監督の抱擁が、このタイトルが持つ意味を象徴しているようだった。

「昨季はタイトルを1つも獲得できず、私が監督に就任した時からクラブが成功をもう1年待つことはできないと考えているのはよくわかった。だからこそ、すぐにタイトルを獲得しなければならなかった」

 ポステコグルー監督が自らそう語ったように、リーグカップだとしてもセルティックにとってタイトル獲得は極めて重要なもの。欧州での実績が全くない指揮官と日本人ストライカーには疑いの目もかけられていただろうが、結果でそれが間違いだったことを証明した。「これは始まりだ」と、オーストラリア人監督は自信に満ち溢れている。

 古橋もクラブレジェンドへの道を着々と進んでいるように見える。表彰式の直前にスタンドのサポーターから日本国旗とクラブカラーのマフラーを受け取っただけでなく、トロフィーも自然に古橋のもとへと渡ってきたのである。

 最初はもちろんキャプテンのマクレガーが掲げ、次にクロアチア代表のDFフィリップ・ユラノヴィッチ、そしてスコットランド代表DFグレッグ・テイラーときて、表彰台の右端にいた古橋に順番が回ってきた。他の多くの選手たちはテイラーの番が終わったところで表彰台から降りようとしていたが、古橋が掲げると知って戻り、もう一度大きな盛り上がりを作ってくれた。

中村俊輔を超えられるか?

 表彰式を終えてスタンドの方へ歩きながらファン・サポーターと喜びを分かち合う中でも、ユラノヴィッチから「キョウゴ(のところへ持っていけ)」と声をかけられたマイキー・ジョンストンが古橋のところへトロフィーを渡しにきた。そして、もう一度高く掲げると、スタンドからはひときわ大きな歓声が巻き起こった。

 先述のインタビューの中で「少しは(ファン・サポーターの)みなさんに認めてもらえているのかなと思えているのと同時に、まだまだ僕は満足せず、もっとみなさんを喜ばせられるように頑張らないといけないなと思います」と語っていた古橋だが、認められているどころか絶対的なエースストライカーとしての立場を確立している。誰も彼の価値を疑う者はいない。

 ポステコグルー監督も「彼の動きは信じられないほど素晴らしいし、今日のようなビッグゲームであんな形でゴールを決められる落ち着きは、まさしくトップクラスの選手だ」と絶大な信頼を寄せている。

 かつてセルティックでプレーした中村俊輔は、在籍中にリーグ優勝3回、スコティッシュFAカップ優勝1回、スコティッシュリーグカップ優勝2回と、計6つのタイトルを獲得している。古橋は加入から半年で最初のタイトルを手にし、今季はさらに3つのトロフィーを掲げるチャンスが残っている状態だ。

 誰もを納得させる圧倒的な結果と、誰からも信頼させる魅力的な人間性で信頼を獲得した古橋はセルティックのレジェンドになれる資質を示している。2021年は残り2試合で、年明け1月2日にはレンジャーズとのダービーマッチが控える。

 さらなるタイトル獲得に向け、2022年もゴール量産を期待したい。

(文:舩木渉)