レジェンドの退団と最高の結末

浦和レッズはサッカー天皇杯(第101回全日本サッカー選手権大会)を制した。今季就任したリカルド・ロドリゲス監督の下、抜本的な改革を施した今季は、最高の結末で締めくくられている。新たなチームに待っている未来とは……。(取材・文:ショーン・キャロル)
————————————-

 あるチームがタイトルを獲得した時に、その勝利を2種類の文脈のどちらかに位置づけようとすることがしばしば行われる。

 ひとつはそのタイトルを、長く苦しい道のりの果てに辿り着いた栄光であったと捉える考え方だ。長年にわたってあと一歩のハードルを越えられなかった川崎フロンターレが、2017年に初のJ1優勝を成し遂げた例などがそうだった。

 あるいは、例えばヴィッセル神戸の2019年天皇杯優勝のように、力をつけてきているチームが翌年以降にさらなる飛躍を遂げるためのステップのように考えられる場合もある。

 だが先週末の天皇杯決勝で大分トリニータに2-1の勝利を収めた浦和レッズは、やや特殊なケースだった。2つの感覚が同時に引き起こされた優勝だったと言える。

 国立競技場で行われる決戦を前にして、盛んに話題となっていたのは阿部勇樹、宇賀神友弥、そして槙野智章にとってこの試合がレッズの選手としてラストマッチになるという事実だ。爽やかな午後の試合が進められていく中でも、その意味の大きさを意識せずにはいられなかった。

 現役を引退する阿部はベンチにも入らなかったが、宇賀神と槙野はそれぞれ交代選手として後半途中から出場。後者は浦和が1-0でリードし勝利を目前にしていると思われた後半残り7分の時点で、トレードマークの“ミニ・ハカ”を披露してからピッチ上へ飛び込んでいった。土壇場で同点ゴールを許しながらも、最後は93分に他ならぬ槙野が劇的決勝点を叩き込み、3人の物語をハッピーエンドで締めくくった。

 だが感動的な結末を迎えると同時に、今回の優勝は、リカルド・ロドリゲス監督のチームが今後のメインディッシュに向けてさらに食欲を強めていくための一種の前菜であるという感覚も強く感じられた。

抜本的な改革の結果

 1週間前の準決勝で見事フロンターレを葬り去った片野坂知宏監督のチームを再び勢いに乗せたくなかった浦和は、序盤から積極的に仕掛けていった。関根貴大と小泉佳穂は特に精力的に前へ飛び出していき、キャスパー・ユンカーと江坂任は大分のゴールキックに対してまで最前線からプレスをかける。中盤では柴戸海と伊藤敦樹が駆け回り、立ち上がりの攻防から主導権を握ろうと試みていた。

 酒井宏樹と明本孝浩も両サイドバックの位置からエネルギー溢れる積極的なプレーで選択肢を提供し、レッズの意図する試合への入り方をよく表していた。小泉と関根による右サイドの強引な突破からエリア手前の江坂がシュートを突き刺して前半6分で先制点を奪ったのも全く意外な展開ではなかった。

 大分は気持ちを入れ替えて後半に臨んだが、時間が経過するにつれ試合はやや膠着していく。だが終了間際に追いつかれた時でさえ冷静さを失わなかった浦和は、間違いなく勝利にふさわしいチームだったと言えるだろう。

 ロドリゲス監督は2021シーズン開始時に引き継いだチームを大きく作り変えてきた。そのことを考えれば、就任1年目でタイトルを獲得しACL出場権を手に入れたことは、指揮官にとって非常に素晴らしい成果となった。

 浦和はJ1で10位となった昨年のラスト5試合で1分4敗と大崩れし、散々な形でシーズンを終えていた。再び強豪チームへの返り咲きを果たすためには抜本的な変化が必要とされているのは明らかだった。

リカルド・ロドリゲス監督の手腕

 スペイン人指揮官が躊躇なく大改革を推進した結果、大分との決勝に臨んだチームは、息も絶え絶えにシーズンを終えた12ヶ月前のチームとはほぼ別物となっていた。長年の功労者だった柏木陽介や武藤雄樹は夏までにチームを離れ、杉本健勇も去っていった。

 阿部、宇賀神、槙野に続いて、もう一人のレジェンドである興梠慎三にも最後の時が近づいているようだ。北海道コンサドーレ札幌を率いる恩師ミハイロ・ペトロヴィッチ監督が補強リストの一番手にリストアップしていると盛んに噂されている。

 ロドリゲス監督が結果を残しつつチーム改革を実現させた手腕は大きな称賛に値する。そして、これほどの劇的な変化の中でもメンバー内に団結力を持たせ続けることができる監督は滅多にいない。

 準決勝や決勝後の選手インタビューから窺い知れる限りでは、多くの重鎮選手の退団が決定したり濃厚になったりした状況でも、チーム内の士気に影響はなかったようだ。セレッソ大阪との準決勝で先制点を決めた宇賀神も、また槙野も、来季赤いユニフォームを着続ける選手たちのためにACL出場権を置き土産にして有終の美を飾ることへのモチベーションの高さを口にしていた。

 チームの進化を次のステージへ引き上げるのはもちろん簡単なことではないだろうし、まだまだ多くのハードルが残されている。だが確かな自信を得て第一歩を踏み出した姿を見ていると、新生浦和レッズの未来は明るいように感じられる。

(取材・文:ショーン・キャロル)

【了】