中田英寿以上の才能と評された男

 サッカー選手は常に怪我と隣り合わせだ。1つの怪我でキャリアを棒に振ってしまう選手もいれば、何度も大怪我を負いながらもその逆境を乗り越えて長く活躍する選手もいる。今回は最高級の才能がありながらも、怪我に苦しむキャリアを歩んできた“ガラスの天才”5人を紹介する。

—————————–

MF:財前宣之(日本)
生年月日:1976年10月19日
日本代表:出場なし

 1993年、日本で開催されたFIFA U-17世界選手権で日本代表の中心選手として活躍した。1995年にはヴェルディ川崎のトップチームに昇格し、その後間もなくしてイタリアのラツィオへ留学。プリマヴェーラ(下部組織)所属だったがトップチームの紅白戦に出場し、元イタリア代表の名DFアレッサンドロ・ネスタとも対戦しているなど、財前宣之はとてつもない才能の持ち主だった。当時、あの中田英寿にもお手本とされていた話は有名である。

 ただ、財前のプロキャリアは厳しいものとなった。ラツィオへの留学後ヴェルディに戻ると、左ひざ前十字靭帯断裂の大怪我を負ってしまう。その後スペイン1部ログロニェス移籍が決まった財前は復帰を急いでしまい、合流後すぐに左ひざ前十字靭帯を再断裂。結局、公式戦に1試合も出場することなく、日本への帰国を余儀なくされてしまった。そしてヴェルディに戻ってきた財前はその後、クロアチアのリエカ在籍を経て1999年にベガルタ仙台に加入。ただ、すぐに主力の座に躍り出たものの、この年に三度目のひざ靱帯断裂に見舞われてしまった。

 それでも以降は大きな怪我を負うことなく、仙台、そしてモンテディオ山形などで活躍した。若手時代の勢いを考えると海外で爪痕を残せていた可能性もあったことは否めないが、選手生命を脅かすほどの重傷を三度も負いながら35歳まで現役を続けたのは、素晴らしいの一言に尽きるだろう。

能力はピカイチだが…

MF:大島僚太(日本代表/川崎フロンターレ)
生年月日:1993年1月23日
日本代表:7試合0得点1アシスト

 大島僚太はJリーグを代表する「天才プレーヤー」の一人と見ていいだろう。静岡学園高校を卒業した2011年より川崎フロンターレの一員となっており、2016年には背番号10を継承。出場こそなかったが、2018年にはロシアワールドカップ日本代表メンバーにも選出され、大会後はJリーグベストイレブンも受賞している。サポーターからも人気のある存在だ。

 しかし、そんな大島にも決定的な弱点がある。それが“負傷離脱の多さ”だ。とにかく細かい怪我を頻繁に繰り返してきており、なかなか継続して出場機会を確保することができていない。事実、大島はこれまで1シーズンでJ1リーグ30試合以上に出場したことが一度もないのだ。2021シーズンも負傷の影響でJ1リーグ出場はわずか7試合に留まっていた。

 また、怪我の多さが影響し、日本代表の常連メンバーにもなることができていない。類稀なパスセンスと非凡なテクニックを兼ね備えるなど能力はピカイチなだけに、やや勿体ないキャリアとなっていることは否めないだろう。ただ、川崎Fの10番はまだ28歳。ここからコンディションを高いレベルで維持し、観る者をあっと言わせるような輝きを放つ可能性も決して少なくはないはずだ。

早すぎる現役引退

DF:内田篤人(元日本代表)
生年月日:1988年3月27日
日本代表:78試合2得点9アシスト

 鹿島アントラーズ時代は決して怪我の多い選手ではなかったが、残念ながら怪我によりキャリアを終えることになってしまった。始まりは2014年2月9日、ハノーファー戦での負傷だろうか。珍しく自ら交代を申し出た内田篤人は翌日、医師に右太ももの肉離れと診断されたが、後に右ひざ裏の腱を損傷していることが明らかに。ただブラジルワールドカップを控えていたこともあり、この時同選手は手術を回避している。

 リハビリを終えた内田は無事ブラジルW杯に出場し、ピッチにも立った。しかし、ひざへの負担がやはり大きく、2014年7月に右膝蓋腱の炎症を引き起こしてしまう。さらに、その半年後に行われたホッフェンハイム戦で膝蓋腱を負傷し戦線離脱を強いられてしまった。そんな内田は2015年6月、とうとう手術を決断。膝蓋腱の怪我はとにかく症例が少ないため慎重に経過を見守る必要があり、内田は実戦復帰まで実に1年9ヶ月もの時間を費やすことになった。

 その内田はウニオン・ベルリンを経て2018年に鹿島へ復帰を果たした。ただ、ピッチに立った際の存在感こそあったが、やはり膝の状態は悪く、ここでも負傷離脱を繰り返している。そして昨年8月、32歳という若さでスパイクを脱ぐことを発表。日本サッカー史に残る名サイドバックの早すぎる引退に涙したサポーターは多かったはずだ。

日本最高の才能

MF:小野伸二(元日本代表/北海道コンサドーレ札幌)
生年月日:1979年9月27日
日本代表:56試合6得点4アシスト

 日本サッカー界の「天才」と言えば、多くの人が小野伸二を頭に思い浮かべるだろう。幼い頃から注目を浴びてきた存在で、高校卒業後の1998年に数々のオファーを受けるなか浦和レッズへの加入を決断しプロの世界へ。そして同年にはさっそく日本代表デビュー。さらに同国代表史上最年少となる18歳でのワールドカップ出場も掴み取るなど、その特別な才能に疑いの余地はなかった。

 そんな小野に悲劇が起きたのは1999年のことだ。シドニー五輪・アジア地区一次予選のフィリピン戦に臨んだ小野は相手選手の悪質なタックルを受け左ひざ靭帯を断裂。長期離脱を強いられた。その後懸命なリハビリを経て戦列復帰を果たした小野は浦和、フェイエノールト、ボーフム、ウェスタン・シドニーなど多くのクラブでプレーすることになるのだが、大怪我による足の違和感が完全に癒えることはなく、その影響かいずれの舞台でも負傷離脱を頻繁に繰り返してしまうことになった。

 今年6月、元日本代表FW播戸竜二の公式YouTubeに登場した小野は、あのフィリピン戦の大怪我について「(世界が)すべて変わった」とコメントを残している。フェイエノールト時代にはUEFAカップ優勝を経験、日本代表としてもW杯に3大会出場するなど、足に不安を抱えながらも素晴らしいキャリアを築いてきた小野だが、もしあの悪質タックルがなければ、さらにスーパーな選手になっていたかもしれない。

日本のワンダーボーイ

FW:田中達也(元日本代表)
生年月日:1982年11月27日
日本代表:18試合4得点1アシスト

 帝京高校のサッカー部に所属し、非凡なドリブルとスピードで存在感を示していた田中達也は、2001年より浦和レッズに加入。プロの世界でも自らの武器を余すことなく発揮すると、2003年にはヤマザキナビスコカップ(現YBCルヴァンカップ)制覇に貢献し、大会MVPとニューヒーロー賞を受賞した。その活躍により、マイケル・オーウェンと同じく「ワンダーボーイ」という愛称で親しまれるようになった。

 しかし、勢いに乗っていた田中のキャリアは一瞬の出来事により崩れてしまった。2005年10月13日に行われたJ1リーグ第27節、柏レイソル戦。田中はDF土屋征夫の危険なタックルを受け、右足首脱臼骨折の重傷を負ってしまったのである。これにより、翌年までのリハビリ生活を強いられてしまい、可能性が十分あったドイツワールドカップへの出場も幻となってしまった。

 そして田中はこれ以降、腰や太ももなどの怪我に悩まされるようになってしまい、浦和での出場時間もどんどん減少。2012年にはミハイロ・ペトロヴィッチ監督により戦力外通告を受けている。その後はアルビレックス新潟に加入したがプレータイムはあまり伸びず、在籍9年間でリーグ戦13得点と、FWとしては少し寂しい成績に終わってしまった。そして今月、現役引退を発表。本人は仕方のないこととしているようだが、やはりあの大怪我がなければ…と思ってしまう。